今日買い物に行ったら、一切目を合わさず、おつりを渡すときすら顔をこちらに向けない店員さんに会いました。

 まぁ、接客業とはいえ、人と目を合わせられないっていう人はいるでしょうし、そういう障がいをお持ちの方なのかもしれません。

 でもねぇ……。
 やっぱり、いい印象は受けないわけなんですよ。

 忙しくて疲れているのかなぁ……って思いもしてますけど。
 でも……なぁ……と。

 店員さんに辛口なのかもしれません。
 とはいえ、やっぱり、笑顔で、顔を向けてくれる店員さんの方がいいですよね。
 ちらっとネットニュースを覗いて見たら、

 「なぜ夏休み”短縮化”? 10日間の学校も」 / Yahoo! ニュース

 こんなのがありました。

 まぁ、北海道は、そもそもが冬の方が過ごしにくいということで、夏休みも冬休みも大体1ヶ月程度(だったよな……)とるので、1ヶ月以上あって、9月1日が始まりですよっていうのは、全然「ふーん」って、余所の国のニュースに等しい感じなんですけども。

 とりあえず、今回のは、冬休みを増やそうぜっ! っていうことじゃなくて。

 1. 先生方の残業が多くて大変。
 2. とりあえず、授業時間を短くしてみた
 3. そしたら、しなくちゃならない授業時間を確保できなくなっちゃった
 4. じゃあ、長期休みを減らせばいいんじゃね?
 5. そうじゃね?

 っていう感じらしいんですよね。
 ただ、とりあえずね、やらなくちゃならないものが10個あったとして、その数が減らなきゃ、別に時間を短くしようが、何しようが、お仕事の量は減らないと思うんですよ?

 それをね、夏休みを減らせばいいんじゃないかなって、なんて言うのか、方法論として間違ってんじゃないかなぁ?? って思うんだな。

 っていうのは、もう夏休みなんていうものがなくても(まぁ、宿題もテストもないけど)、夏休みっていうのに憧れる心が言わせる(サボり心が言わせる)ものなのかなぁ??
 ドラレコの写真なので、画像が粗いのですが。

パリピステッカー

 先日、車にこんなステッカーを貼っている人がいました。
 指の横には、「ぱりぴ」って書いてあります。

 つまりは、パーリーピーポー?

 パリピ(パーリーピーポー)とは?

 まぁ、年代によって、ちょっと意味合いが違うんですよっていうことが、上記のサイトさんには書かれていましたが、ようは、浮かれ騒ぐ人のことですよね……。

 自分がそういう人間ですよって宣言するステッカーを貼ってる人の運転って……と、首を捻る、昭和世代ではあります(笑。
 なんか、絵文字にも性差別をなくそう! 的なコンセプトで、男性人魚(マーマン)などを取り入れるのだそうですね。

 絵文字に「男性人魚」、ジェンダーレス化に対応 / Yahoo! ニュース

 スマートフォンに近く追加される絵文字には架空の生物も含まれている。エルフや魔法使い、吸血鬼、ゾンビ、妖精、人魚などだ。

 しかも人魚はマーメイド(mermaid=女性の人魚)だけでなく「マーマン(mermen=男性の人魚)」も加わる。絵文字の国際基準を定める非営利団体ユニコードコンソーシアムの提言に従い、絵文字メーカーはコンソーシアムが指定する中性のキャラクター「マーパーソン(merperson)」を基に、男性・女性それぞれの性別に応じた修正を加えマーメイドやマーマンのシンボルを作成している。(一部抜粋)



 だそうです。
 が、個人的には、マーメイドは美しい女性、マーマンは魚人のモンスター的なイメージがあるのは、ドラクエとか、アンデルセン童話とか、色々なところから来てるんでしょうね(笑。

 ただ、天使とか両性具有とかですし?
 そもそも、架空のものに、ジェンダーとか色々入れるのって意味があるの? と。

 どちらかと言うと、差別的な意味合いを持つ心根の方が問題だと思いますけども……と言いつつ、先に書いたように、世の中に流布しているイメージが、頭にこびりついているので、そこから入るのも大事なのか? とか思ったり。

 難しいけど、アホらしい……と思うときもあります。
 ※ 差別に対して、もの申すことがアホらしい……のではなくて、「看護婦」「看護士」「スチュワーデス」「スチュワート」「保母さん」「保父さん」と昔から、ちゃんと区別する言い方があるのに、「看護師」とか「客室乗務員」とか、そういう言い方にこだわるところね。

 とはいえ、基本的に絵文字が多くなりすぎて、何使っていいのかわからず、それに適したのを選ぶのに時間がかかりすぎるようになってから、絵文字はほぼ使わなくなった(か、固定)ので、どうでもいいと思う自分もいたりしますが。
 は、まぁ、いいとは思う。

 ただ、個人的な感覚として、私の身近なところでは、

 1. クロネコ
 2. その他
 3. 郵便局
 4. 佐川

 が、信頼順なんですよね。
 ただ、地味に郵便局の人って、そういう仕事に就いている割には、他人の個人情報とか、家にいる時間帯とか、周囲の様子とかの探りを入れたがる人が多いので、好きじゃない。

 宅配料がかかってもいいから、クロネコさんでお願いしたいっていうのが個人的なところ。

 まぁ、それぞれ人間がやっているものなので、たまたま私の当たりがクロネコさんだっただけかもしれませんし、他のところでは順位が違うこともあるんでしょうけれど。

 っていうことで、値段を上げてもいいし、こっちが送料負担っていうことになっても、まぁ、いいんだけど(商品より高い配送料は、うーん、となるけど)、後は販売業者さんがどう変わってくれるかっていうことだとも思うんですよね~。

 利用したことはないですけど、通販生活みたいな感じのところで、昼12時~14時の配送指定は承りませんっていうのは、逆にどうなのかなって思っちゃうし。
 私の生活スタイルでは、ここで配送指定できないと、一切頼めないっていうことになるしね~(休みの日は除くけど)。

 そういう我が儘言うから、駄目なんじゃんっ! っていうことになるのかしらね?
 いつも楽しく拝読させていただいている『ぼな日記』のボナさまが、「会計時はイヤホン外すべき」っていう記事を書いておられまして。

 その元記事は、mixiニュースの「会計時イヤホン、近藤春菜「話しかけてほしくない」」でした。

 その記事の中で、

 また、菊地幸夫弁護士は「個人的なマナーとしては外すべき」とした上で、「ただ、いろんな人がいますから、マナーを自分と同じものを相手に求めるのは今の日本では無理だと思う。その人その人のライフスタイルを認めてあげて。ちょっと聞こえなかったらすみませんって言えば済む問題。迷惑を掛けているというのとはちょっと違う場面かと思う」との考えを示した。



 という部分があって。
 まぁ、この、「会計時にはイヤホンを外すか外さないか」っていうところに対する意見だいうのはわかるんですけれど。
 でもねぇ……って。

 個人的に、マナーや一般常識っていうのは、それこそ色々な考え方を持つ人がいて、そういう人たちが集まったときに、いかに気持ち良く過ごせるか、相手を思いやるかの指標だと思うのですよ。
 それを、「今の日本では無理だと思う」って言われちゃうと、はぁ?? ってなっちゃうんですよね。

 特に、今日、うちのゴミステーションに、不法投棄してあったゴミを片付けてたので余計に!

 ※ ゴミステーション
 地域によってはないところもあるようですが、北海道では割と、集合住宅や、町内会のようなところで、1つ大きな鉄籠みたいなものですとか、網をかけるですとか、コンクリの箱みたいなのがあって、収集日にそこにゴミを入れておくと、業者さんが回収して行ってくれるものがあります。

 今までなかったのですが、今年になってから、このゴミステーションにたばこの吸い殻だの(こいつはたぶん、ちょっと前の夜中にゴミステーション横に停まっていた不審車両だと思う)、パラボラアンテナだの、ダンボールだのを捨ててく奴がいて。
 これ、ちゃんと指定のゴミ袋に入れるとかで捨ててくならともかく、ただただ捨てるので、回収してくれないのですよね。

 なので、今日、火ばさみを買ってきて、指定の有料袋に入れてやったんですけど。

 こういうのも、「多種多様な価値観の人がいて」とかっていうカテゴリに入れられたら困るんですよねっ! とか、魔法が使えるんだったら、持ち物を持ち主の元に吹っ飛ばせる魔法が使えればいいのにっ! とか(犬のうん○とかも思います)思ってたんですよね。
 こういうのも、マナーの範疇だと思うんですけどねー。

 っていうことを思ったのでした。

 本題の「会計時」ですが、私は当然、イヤホンは外すべきだと思いますし、このニュースに関するつぶやきで出ていた、
「コンビニ店員として言いたい。 話しかけてほしくないならレジ来るな。 こっちも好きで話しかけてるわけじゃない。 仕事だからやってんだよ。」っていう意見が、至極ごもっとも! と思います。
 昨日、引っ越し手伝いのあと、ドラッグストアなどで買い物をして、スーパーに寄ったのですけれど。

 お店に入るなり、売り場の前でちょろちょろして、デカイ声で喋りまくる女子小学生が。

 「ままー、ケーキ買おう!! ばーばも欲しいって言うよ、きっと!」

 などなど。
 母親は、別にたしなめるでもなし。

 ばばぁも当然ですね。

 その躾を受けられない可哀想な女子小学生は、私が歩くあちらこちらで、うろちょろうろちょろ。

 最後、レジに至るまで遭遇しましたが、その躾がされていない女子学生には、更に躾けも受けられなければ、見本となる年上もいないという哀れな弟がおりまして、こいつがまたぎゃーすかぎゃーすか叫んではばたばた走りまくるわけですよ。

 じじーもいましたが、奴も注意、指導はなし。

 で、最後に支払いをしておりましたところ、その女子小学生の科白は、「人に親切にするって大事だよねー!!」というもので。

 うん。
 人に優しくする、親切にするって言うなら、スーパーで他人様の通行の邪魔をしないのも大事じゃないかな。
 弟と手を繋いでるくらい大事なことじゃないかな。

 と思って、帰ってきました。
 先ほど、ネットで、

 「持ち物でわかる! 「お金持ち体質」と「ビンボー体質」

 という記事を読みました。

 たぶん時折散らかったり、まとめ買いしちゃったりもするので、ビンボー体質はあるようだな、と。
 でも、基本的には片付けて生活したいしっていうことだし、これは駄目っていうことはほとんどしてなかったから、「お金持ち体質」寄りではあるのかなぁ……って思ったり。

 なんですが、記事を読んでいてびっくりしたのが、

【定数管理をする】
 本当に好きな物、大切な物を捨てる必要はありません。
 大好きな物を持ち続けるためのルールが、生活必需品の定数管理です。
 下着や靴下、掃除道具などは必要最小限の数で管理し、ダメになったときに買い替えるのです。
 私の場合、下着は5枚、アイロン不要のタオルハンカチ3枚といった具合です。
 数が少ないので管理がラクなうえに、常に新しいものを身に着けられます。
 使い切るので経済的でもあり、いいことずくめです。



 下着5枚は、お洗濯すれば何とか……とは思いますが、ハンカチ3枚は少なすぎませんっ!?

 お風呂は毎日入るし、かと言って、お洗濯を毎日とか、週3回とかするのも難しいし(洗濯機を回す時間帯などを考えると、ですよ)、7枚プラスαは欲しいよっ!? って思うんですけれど。

 とりあえず、今は、週2回のお洗濯かな。
 毎日お風呂入るから、タオルや下着、パジャマなどのお洗濯を水曜日と、土曜日に、普段来ている仕事服などの、洋服のお洗濯を土曜日に(つまり、土曜日は2回お洗濯)していますので。

 生活は人それぞれなので、必ずしもそこに食いつく必要はないんですが、個人的にびっくりしたので(笑。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search