おNewのサンダル

 土曜日の野球観戦の際、観戦できる場所に行こうとしたら、土手のへりを歩かなくちゃならなくて。
 草で滑るしっていうことで、ものすごく負荷をかけたからか、元々安物だったからか(苦笑)、履いていたサンダルのバンドが切れかかってしまって。

 気に入ってはいたのですが、仕方がないので、廃棄することにして、新しい靴を買いに行きました。

 ところで、私、子どものころから、一人暮らしするまで自分で服を選んだことがありませんでした。
 母が作った服とか、母の好みの服とかを着せられていて(まぁ、その影響もあって、服のセンスは磨かれませんでした^^; っていうか、冬物と夏物も、微妙なものはわからないくらい酷い)、大人になってからも、自分で自由に着てみたい服を選ぶことができませんでした。

 母が気に入る服でないと、ぼろくそに言われて、面倒臭いのです。
 お客さんが、すっごく可愛い! 似合ってる♪ って言ってくれたり、同僚からの評判が良くても、です。

 そのため、割と無難な服装を好むということに落ち着きました。

 まぁ、職場に着用するものとかも考えると、余計そうなりますけど。
 ただ、自分が着せたい服を着せるという母のせいで、大事な場面で服装で注意されることも非常に多くてトラウマでもあります。
(スーツが一般的だっ! っていうところに、明るい色の服装で行かされたり。それは校則違反ですっていうような格好をさせられたり。未だに思い出してはイラッとします)

 でも、私をがんじがらめに縛っていた母が死んで、自分で自由にしてもいいようになったのに、まだ選ぶときに、「これだと文句を言われるかもしれない」と真っ先に思う自分がいるのですよ。

 恐ろしいですね。
 もっと早く死んでくれるか、自分で家を出ていれば良かったんだと思う……それくらいの悪影響、毒親でした。
 死んだら仏と言いますけど、未だにイラッとして、「死ねばいいのに」と思って、「あぁ、死んでるんだったな」と思うことがあるんですから^^;

 まぁ、そんな話は置いておいて。

 今回選んだサンダルはこちら。
20170624_サンダル1

 まぁ、ラインストーンキラキラとかは、ちと好みじゃない。
 ターミネータ……じゃない、ラジエータじゃない……グラディエーター! そうそう。
 そういうサンダルは、なんか、今一つ……サイズが合わんかったっていうのもあったり。
 色々な条件があったりで(車の運転をするから、踵が必要とか…)、その中でこれっ! と思ったのがこちらでした。

 え? ぐだぐだ能書き言ってる割には、シンプルじゃん? って。
 まぁ、でも、茶色の靴を選ぶこと自体が珍しいのですよ(笑。
 壊れたサンダルの赤も珍しかったんですけどね。

20170624_サンダル2

 キラキラのラインストーンは苦手だけど、ちょっとした飾りは好き。
 そんな好みのせめぎ合いでこちらに。

 こんな風な気持ちの変化というか、気に入ったもので、今までのものとは違うものとか、昔からこびりついた思い込みとかについて考えるきっかけをくれたのは、いつもお世話になっている佳音さんなんです。

 ちょっとした気持ちの切り替えと、新しくて、気に入ったものを身に着ける楽しさっていいですよね♪♪

 土曜日は、私にしては珍しく、午前中野球観戦、夜はまた別のイベント(これも別会社のお客さんからのお誘いで。自分の会社のお客さんはそういうイベントとか、あんましないもんで誘われることが少ない)に行ってきたんですが、笑顔で迎えられるのも嬉しいし、新しいサンダルでウキウキするのも楽しいという、嬉しいお出かけでしたよ♪

コメントの投稿

非公開コメント

夏!

私、つま先を痛くしちゃいそうで、
おっかなくって、サンダル、履けないのです(哀
(ケガしたことがあるわけではないのです)
でも、サンダル姿を見ると、いいな~って思うのです。

シンプルで、歩きやすそうなかわいいサンダルですね~♪

近頃、サイズの合ってない靴を履いてる若い子、見かけませんか?
大きいのを履いてる
歩きにくかろう~っと思うんですけど。

靴。

 最近は、爪先のあるサンダルもありますよ!
 そういうのを選んでみるのもありだと思います。

 確かに爪先が剥き出しだと、ぶつけたら……とは思いますよね(怖)。

 サイズの合ってない靴を履いて、姿勢が悪い子も増えているような気がします。
 スタイルがいいのにもったいない。

 靴も通販とかで買っちゃって、サイズが合わなくても無理して履くとかなんでしょうかねぇ??

 スポーツサンダルとかクロックスとかは、通販で買っちゃうときもありますけど、普通の靴は何回か買ってみて、「やっぱし、靴によって合う合わないもあるし」と私は諦めました。

えぇ?!

> 一人暮らしするまで自分で服を選んだことがありませんでした。
> 母が作った服とか、母の好みの服とかを着せられていて


何ですってー!
ちょっと、ビックリですよ。

いえ、アリエナイという方向に驚いているわけではなくて。
実は 私もそうなんです。
ボロクソってほどではなかったのですが、「あんたセンス悪いわねー」と言われて育ったのもあって、自分の服選びにてんで自信がありません。

そのくせ、ほとんどの服は通販で、
自分の容姿を顧みずに似合うかどうかや年齢を無視して好みだけで購入してしまうものだから、届いて試着して「あ、やっちまった…」と後悔することも多し...。

でも、そんなセンス(?)の中で、ちゃんと自分に似合うと思うものを見つけれれるとウキウキ楽しくなりますよね^^
この夏、素敵なサンダルで、他にも色々と素敵なお出かけ出来ると良いですね♪

おおうっ。

 何でしょう。
 ボナさんのお母様もですかっ!?

 私は、母の好みの服装でないと、ケンカが始まるだけではなく、出て行けに近い発言が出ていたので、本当に面倒でしたよ(苦笑。
 一人暮らししてからは、ちょっと好きなものを……としていたら、これは母の気に入らない服だろうな……というものなどを避けて持って行って、あまりにそちらに気を取られて、真冬にコートを忘れた! っていうくらいのこともありましたしね(苦笑。

 でも、通販で、見た目で……試着して……っていうのは、私もやってます~(笑。

 確かに好みで、似合うものになると嬉しいですっ♪
 楽しいお出かけ、楽しみたいと思います~♪♪
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search