耐えきった!!

 何度か、このまま帰ってやろうかな、私の用事(タイヤ交換のみ)済んだし……と思いながらも、GWの苦行を済ませて帰宅してきましたよ。

 昨日帰宅したんですけれど、親戚から、うちにおいでよっ! っていう連絡が来まして、お出かけしてきたので、帰宅が20時過ぎに。
 まぁ、いいんですけどね。

 ただ、本当に父親、貴様いい加減にしろよっ! って思っていたし、最終日の夜は、母親が夢に出てきて、「もういいから、帰んな」って、父親とのケンカを仲裁する夢を見たほどです。

 正直、死んだ母親のことを思い出しても、9割は、「ちくしょー、本当にムカツク!」と思うのですけど。
 そんくらい、もういい加減にしろっ! って思ってる自分がいたんでしょうねぇ……。

 いやいや。
 くっだらない話ですけど。

 買い物して帰ろうかなって言ったら、父が何買って帰るの? って聞くので、「野菜かな。冷蔵庫空だし。玉葱とかピーマンとか?」って言ったら、「この間買ってきたピーマン、よくないから持って帰りな」って言うわけですよ。

 「はぁ?」と。
 実は、昨夜、晩ご飯の支度をしていたときも、「動きたくない」って言って、配膳すらしませんで。
 何で疲れているかって言うと、私がいなくても出来るようなことを、自分が面倒くさいっていう理由でやらせてたからなんですよね。
 それがスムーズに済まなかったから、疲れている。
 つまり、私はもっと疲れているわけです。

 遅くなってから、思い出したように言うから、当然晩ご飯の時間も遅くなってたし。

 「箸くらい出してもバチは当たらないと思うけどね」って言ったんですけども。

 その翌日の話ですからねー。
 で、続けて、「あんまりいいピーマンじゃなくて、早く駄目になりそうだから、持って帰って」って言うわけです。

 なので、「今の言い方は、失礼なんじゃない? 足が早そうだから、持って帰って使っちゃってって言った方が嫌な気持ちにならないんじゃないかな?」と、明るく言ったのですが。
 逆ギレしまして。

 「お前の言葉の取り方が悪い。親子なんだから、言わなくても理解しろ」

 と、脳みそ腐った、アホなことを言い出しまして。
 よっぽど「親戚には、俺が怒らせて娘は帰ったって言えっ!」って言って帰ろうかと思うくらい腹が立ちましたね。

 っていうかさ。

 「良くないから持って帰れ」

 で、通じる親子いるわけですか?

コメントの投稿

非公開コメント

いや、それは通じない

いやいやいや、そんなこと言われたら普通カチーン!と来ますよ。
ましてや、
軽口叩いて笑いあえるような、良好な深い信頼関係のある相手ならともかく、
日頃からあまり良い関係ではない(と言っては語弊があるでしょうか^^;)相手の言葉ですよ。
無理。。。

お疲れさまでした。
次の機会からは、自分の用事だけ済んだら帰っちゃえ~(悪魔のささやき)

ふふふ。

 ありがとうございます。

 父は、もう力関係が逆転していることに気付いていないんでしょうね。
 私はもう自力で生活出来るし(資金面)、足もあるので自由自在なんですよっていうことが。

 まぁ、春物と冬物の入れ替えもやって~とか、甘えたことをヌカしていたのは、てめぇでやれよ、毎日日曜日なんだから……とやりませんでした(笑。

 やっぱり、必要最低限の接触っていうのが無難なんでしょうねー。

 親がいるっていうことで、贅沢なことを言ってっ! っていうのもわかりますが、うちの親、「毒親」の条件結構満たしているので、私、よく割とまともに育ったなって思ってるくらいですからね。

 誘惑に乗っちゃおうかなw
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search