幸運な時計

 今日は、私のにゃんこのご飯買いに動物病院へ → 蕎麦屋で食事 → 私の車のタイヤ購入&交換 → イオンで父親のお買い物 → ドラッグストアで父親の買い物という動きでしたが。

 いや~、疲れた疲れた。

 と家に戻ってきて、少し経ってから、父親が時計の裏蓋がないっ!! っと騒ぎ出しまして。

 「いや~、もう、なんもかんも上手くいかない」

 という、私がすっげ腹立つ発言を繰り返してました。

 そういう風に思ってるから、何もかもが上手く行かないのですよ、わたし、帰りますよ……って思ってたんですけどね。

 で、とりあえず、近くの時計屋に持って行く~って言うので、時計屋へ。

 どうやら、そろそろ30年選手になろうかという父親の時計、ものはすっげ良いらしく、「裏蓋はないのですかっ!?」っていうお話に。

 そもそも、時計屋さんとしては、父が裏蓋をなくした時計をビニール袋に入れて持ち込んだこと自体が気にくわないらしく^^;

 なくしたってわかったら、すぐにサランラップで包んで欲しいんですよねっ! と。

 いやいや、それ、素人にはわかりませんからって(苦笑。

 で、オーバーホールに2万3千円。
 古い時計なので、裏蓋があるかどうかわからないので、全国に聞いてみるけれど……っていうお話になってました。

 そんでもって、裏蓋探しに行ってみてはどうですか? と。
 父親は絶対ない。
 無理。

 と、またネガティブ発言をしていたのですけれど、父親がうだうだ言っている間に、まずは蕎麦屋に電話してみましたが、ナッシング。

 オートバックスとか、イオン店内だったら、恐らく無理かもしれないけれどなぁ……とか思っていたのですが、最後に落としたのが(本日、2,3回落としたそうです)、イオンの駐車場っていうので、イオンに戻ってみました。

 父親は、駐車した辺りを(覚えていた私偉いっ!)ちょろっと探して、「ねーわ」と。
 諦め早っ! と思いつつ、私も探してみたところ、あるではありませんかっ!

 やっぱり、「あるかも」と思う人間と、「ねーわ」と思う人間の差ですよねぇ♪ ということで、また時計屋さんへ。

 「ありましたかーっ!!」と。
 「アドバイスいただいて探しに行って良かったです~♪」って会話しつつ。

 もしかしたら、経年劣化(途中メンテがないから)があるかもしれませんが、


 「こういう幸運な時計は」

 大丈夫でしょうっていうお言葉をいただいてきました。

 そうですよね~♪ っていう感じです。

 それにしても、いい時計を長く使うのも大変な時代ですね。
 父の時計も、もうちょっとランクが低ければ、適当に部品削って入れちゃったり、お店でちゃちゃっと修繕しちゃってくれるらしいんですけれど、いいものだから(めっちゃ強調してたけど)、きちんとしたメンテナンスをしましょう! とのことでしたよ。

コメントの投稿

非公開コメント

いいものを大切に!

樟葉さん こんにちは!v-283

30年ももつ時計って素晴らしいですね~

無くした小さな裏ぶたを見つけることが出来たのも奇跡に等しいかと。


確かに我が家にあるカタログのトップモデルの家電は未だに健在。

いいものはいいんですね!

でも、今じゃとても買えません。。。

明日もご安全に!v-222v-512

わかるっ

>「あるかも」と思う人間と、「ねーわ」と思う人間の差ですよねぇ♪

その通りだと思います(笑

時計のメンテ、お金かかりますよね。

よいものを長く使うのは、エコだし、
とてもいいことだと思うんだ~。
でも、維持するのに、コストがかかるようになるのは、つらいところ。

それでも、愛着のあるものは、長く使いたい・・・(笑

安かろう、悪かろう

>ピー助さんへ

 安くて当たりっ! っていう商品もたくさんあるとは思うのですが、やっぱりいいものは、それだけの理由があるっていうことなのでしょうねぇ。

 同じ値段でもリーマンショック以前と以降では、中身がものすごく違うらしいですよ。
 そういう時代の差もあるっていうことですよね。

>ラビーさんへ

 本当に、「気の持ちよう」「運の引き寄せ」ってありますよねっ。
 それにしても、いいものを長く使うのに、費用が必要なのはともかくとして、部品がなくなってしまうっていうのはかなり辛い現状ですよね。

 会社によってはソーラー電波を入れてから、技師さんの腕が酷く落ちたところもあるようですよ。
 怖いですよね……。

 気に入ったものを長く使うのも大変な時代っていうのが変な話ですよね。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search