一緒にギスギスしましょう。

 さて、最近、ND女史によくランチに誘っていただいていたのですが。

 昨日、初めて、「KK女史も誘わない?」と言われました。
 KK女史が教祖ともあがめていた(私以外の周囲談)、当て逃げのAT女史が異動されてしまったので、ぼっちなんですよね。
 まぁ、HM氏は仲良くしていますが、要するにKK女史も神父さんも、うちの職場では………なので。

 で、先日ランチに行ったとき、私たちがお店の駐車場に入ろうとしたら、KK女史が逃げるように車を回して出て行ったのも目撃していたのです。

 私としましては、ND女史が言い出さないことの方が不思議だったので、「まぁ、いいですよ。気になってはいましたし」って答えたのです。

 が……。
 どうやら、KK女史、ND女史ともドンパチやっているようで^^;
 ND女史曰く、「沢口さんよりも、私の方が無理なのよ、本当は」と。
 これにはびっくりしましたけれども。

 ND女史曰く、「まぁ、断るとは思うんだけどさ、ギスギスするとも思うけど」って。

 お昼になりまして、ND女史が「私としたことが、まだ声をかけられてない」っておっしゃって席を立たれたので、「一緒に行きます」と。
 KK女史と仲良くなるつもりは毛頭ありませんし、ND女史ともお友だちでもありませんけども(職場の先輩ですしね)、だからって、一人に押しつけるのもと。
 「一緒にギスギスしましょう」と。

 そして、誘いに行ったのですけれど、

 「いいからっ。私、持ってきてるんでっ」と、想定内のお断りが。
 そこで、あぁ、KK女史だよなーって思ったのが、

 「(ND女史に)言いたいことはいっぱいありますけど、いいですからっ!(もう構わないでっ)」

 的な断りだったんですよね……。
 あぁ、子どもだな~って。

 仕方がないので、

 「ND女史、お昼持ってこられてるっていうことですし、今日は。後、ロッカーの件なんですけど」

 って、一言添えたんですよね。
 実は、AT女史がいたので、KK女史のロッカーがロッカールームになかったのです。
 ただ、KK女史は別室にロッカーを与えてもらってるので、それで……っていうお願いは、彼女の異動当初にお願いしていたのです。
 だから、別に言わなくてもいいし、改めて作らなくてもいいんですけど、ND女史が気になるっ! って言うから、AT女史の後のロッカーをどうですか?

 っていうことだったんです。

 そうしたら、KK女史は、

 「あー、はいはいっ」

 って感じで、ドアを閉めちゃいました。

 はぁ……ですよ。
 私だって、誘われたら、No Thank you! ですよ。
 でも、「誘っていただいてありがとうございます。でも、お昼持ってきちゃってるんで!」って言うと思うんですよね。
 だって、ND女史、私よりもKK女史よりも先輩ですから。

 ロッカーの件についても、「こちらにありますから、結構です」って言うと思うな~って。

 KK女史からしてみたら、私は元々周囲とちゃんと仲良くしてる(つもりです)し、KK女史のことは下に見てますから(きゃっ、言っちゃったw)腹の立つ存在でしょう。
 ND女史とも何かやらかしてるようなので、その私とND女史が最近一緒っていうのもあれなんでしょうね~。

 こちらの方に余裕があるから、一応手を差し出せるっていうことを思えば、いやだろうねっていうのは、間違いないんですけどね。

 まぁ、4月始まって、まだ8日ですけど、仕事面では、「あいつ(KK女史たち)ら、やべーっ」て言われてますからね。
 はぁ……ですよ。

 とりあえず、一緒にギスギスの、関門は通り過ぎましたです。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search