アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅

 昨日、送別会第2回があったので、ちょっと酔っ払って視聴(苦笑。
 ちなみに、第1回は別の支社の方(14日に済み。今後、第3回~5回まで送別会ラッシュの予定)。



 前の、アリス・イン・ワンダーランドは、アリスが、状況に流されて……っていうイメージでしたが、今回はかなり自己主張が入っています。

 ところどころに、おお! と思えるような名言も入っています。

 私は、そんなに面白いっ! みんな、おすすめだよっ! とまでは言えませんが、面白く見ました。
 まぁ、原作からはかけ離れてってるような気もするけどね……。

 Amazonよりあらすじ
 ワンダーランドで、救世主として戦ったあの冒険から3年。
 アリスは、亡き父の後を継ぎ船長として活躍していた。
 だが、航海から戻った彼女に船長解任の現実が差し迫る。
 アリスは自分の元から愛する父や仕事を奪う<時間>の流れに敵意を抱く。
 そんな時、目の前に青い蝶が現れ、鏡の中へと彼女を導く。
 鏡を通りぬけるとそこは、あのワンダーランドだった。
 アリスを待っていたのは、困り果てた様子の白うさぎやチェシャ猫や白の女王たち。
 なんと、あの奇天烈で楽しいマッドハッターが哀しみに沈み、命の危機にあるという。
 白の女王は、マッドハッターを助けるには"時間をさかのぼって悲しい過去を変える“しかない、とワンダーランド崩壊の危機を招くかもしれない禁断の方法をアリスに告げる。
 そして、そのためには時間の番人<タイム>から時をさかのぼるための動力源“クロノスフィア"を奪わなければならない。
 アリスは<タイム>の城からクロノスフィアを盗み、過去を変えるための時間の旅に出る。
 しかし、そこでアリスが目撃したのは、ワンダーランドの仲間たちの思いがけない過去の姿だった―。
 果たしてアリスは<タイム>の追撃をかわして、過去を変えることができるのか! ?
 そして、マッドハッターを哀しみから救い出すことができるのか! ?

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search