我が儘言ったもの勝ちの職場って、どうなのよ……。

 昨日記事にした「飼い殺しかぁ……。」の記事ですが、あのあと、さらに驚きの事実が……^^;

 私が飼い殺しに甘んじたのは、

 1. うちの部署を嫌がる人が多いので、なり手がいない。
 2. 私が、この部署に来てから、ずっとやっていた業務であり、引き継ぎが誰もいなくなるのは困るという意見は、納得できたから。
 3. 私が残る以上、平成元年くんは、他の部署に行けるから。

 というのがありました。
 私は派遣業務の経験も長かったり、うちの職場が初めてっていうわけでもないので、他の部署の仕事も、なんとな~くはわかっています(携わっているので)。
 それを考えたら、違う部署の部長さんが熱望してくださっていたとしても(嬉しかったなぁ……)、2と3があるなら、仕方がないかと我慢したわけです。

 まぁ、今やっている仕事を降ろそうと思うほど業務繁多だったはずなのに、忙しいところに残留、更に主任という仕事を任せるという阿呆な管理職がいますが(しかも、やるのが当然っていう面で)。

 ところが! なのです。
 平成元年くんと私で、今の仕事の引き継ぎをどうするのかって話をしていたこともありますので、彼に「私残ることになりそうだよ」って言いに行ったら、「ぼくも残ることになります」って。

 「えぇーっ!?!?」ですよ。
 通りで、みよしのさんの、「えっ!? マジでっ!?」っていう驚きの声が響き渡ったはずです(私が行くちょっと前に)。

 どうやら、平成元年くんは、Aという部署に行くはずだったのですが、どうやら誰かが何かをゴネた様子で、そこにいられなくなったようです。
 Aという部署の部長さんが、彼の将来を考えて、うちの部署にって言ったのにもかかわらず。

 で、私が、Bという部署から、元々のDという部署に入ることになったので、Dに入るはずだったMI氏が、Bに入ることに。
 ちなみに、私がDに戻る要因も、MI氏と、Dの部長の意見です。

 MI氏は、サポートしてくれる元担当者が誰もいない状態でDにいるのは嫌だ! と言ったそうなのですね。
 でも、Bという部署に入れられることになって、「管理職の俺の評価は、そういうことなんだなってがっかり。もう、自分の業務に生きるよ」っていう風に、やさぐれているそうです。

 ただ、平成元年くんが、D部署に戻ることになったのなら、私は別にD部署にいる必要がないわけです。
 その上、MI氏は元担当者がいるならば、Dでいいと言っているし、Dにやりがいを持っているのですよ。

 なので、私を熱望してくださった部長さんが、MI氏と私をトレードでいいじゃんっ! って言ったのですが、管理職、駄目だよねー。
 全然話にならないよねー。

 ということで。

 人を呪わば穴二つとはわかっておりますが、管理職、異動先でフルボッコにされればいいのに……と思ってます。

 というか、仕事をする上で、「こういうビジョンを持って、こういうところに行きたい」という希望はあっても、「これはやだから、ここはいや」っていう我が儘を通してしまう管理職ってどうなのよ? って思います。

 結局、どこでも働きますよ……っていう人間は正当に評価をしてもらえず(今回の管理職は特に)、便利に使われて、辛い思いをするわけですよ。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search