最後の変身失敗。

 スーパーで見かけて、

カゴメ 甘熟トマト鍋スープ 750g
カゴメ
売り上げランキング: 190,125


 なるものを購入してみました。
 へー、「子ども鍋」って言うんだー。

 確かにウインナーとか入れるみたいだもんね! と。
 私は、キャベツがたくさん食べれそうw という目論見で購入しました。

 キャベツ、しめじ、鶏肉、ブロッコリー、玉葱などなど、裏面を参考に入れてみて。
 くつくつと煮込んでみたのですが、さすがは子ども鍋。

 なんか、薄くて甘い……ぼんやりした味がする。

 ということで、

 ・ ケチャップ
 ・ とんかつソース
 ・ お醤油
 ・ 顆粒コンソメ
 ・ 水
 ・ 赤ワイン

 を投入して、「大人鍋」に(ワインが入ったから)。

 うまっ!
 コクが出ましたよっ!

 ということで、2日かけて、食べました。……飽きた。
 でも、野菜とか鶏肉の旨味が出ているだろう、スープを捨てるのはもったいないなぁ……ということで。

 トマトだし、煮詰めたら、ミートソースとか出来るんじゃね?

 と思って、やってみましたよ。
 玉葱のみじん切りと、挽肉入れて。
 で、スープをおたまですくって、2~3杯入れてみたんですけど。

 まぁ、しゃばしゃばだよね……ということで、思い切り煮詰めました。

 うーん……ものっそい味が今一つ。
 何だろう。

 昭和の缶詰ミートソースでもないし、お店の適当ミートソースでもない(もちろん、美味しいミートソースでもない)。
 一瞬、冷凍しておいた挽肉使ったけど、これ傷んでたかなんかで、この味? と思ったのですが、お腹は全く問題ないので、傷んではいなかった模様(おいおい)。

 ということで、大人鍋の段階まででストップしておいた方が良かったかぁ……と、ちょっと残念な結果になりました。
 もっと上手に煮詰めれば美味しいかもしれませんけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search