双亡亭壊すべし 藤田和日郎

 ついでに、マンガも読んじゃうぞ!

 ということで、購入してあった漫画も一気読み。
 気付いたときには、3巻まで出ていたので、いっぺんに注文してたんですけど、父親のところに行っていたので。

双亡亭壊すべし(1) (少年サンデーコミックス)
小学館 (2016-08-12)
売り上げランキング: 1,097

 「うしおととら」で好きになって、この人の作品はだいたい読んでるんですけど。
 「からくりサーカス」で更に好きになって、「月光条例」でちょっとうーん? ってなって。

 でも、今回の「双亡亭」は、モチーフ的にはさほど目新しくはないかもしれませんが、面白い感じでぐいぐい引き込まれました!
 

Amazonからあらすじ等
 大正時代より、東京・沼半井町に傲然とそびえ立つ奇怪な屋敷、名を「双亡亭」。
 立ち入った先で闇と出会ってしまったら、もはや己は己でなくなるだろう。
 遺恨を辿る者達はその門戸へと導かれ、集い、挑む。
 おぞましき屋敷を破壊する為に…!!


 っていうか、レビューじゃないんですけど、ここ数年のAmazon。
 ずっとAmazonで買ってる作品の続きはおすすめに掲載してくれないのに、全然興味がない作品を推してきたり(これは、まぁ宣伝として仕方ないかなとも思うし、それで興味が出る場合もあるので、一概に悪とは言いませんが)、「持ってるから」とか「興味がないから」って作品を選別しているのに、「最新刊」持ってるんだったら、「1巻」はどう? って、最新刊持ってたら、1巻も持ってるに決まってるじゃんっ! とか。
 「8巻」に興味がないなら、「最新刊」とか「7巻」はどう? って出てくるのが、非常にうざい。
 最新刊に興味がないなら、全部興味がないんじゃーっっ!! って、PCの前で、心の中で叫んでる自分がいます。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search