「三鬼 三島屋変調百物語四之続」 宮部みゆき

 本が読めるくらいに回復してます。

 が、油断すると、まだ8度くらいの熱が出てます^^;

 さて、そもそも文庫版で買ってた「三島屋変調百物語」。
 それが、好きで、続編が早く読みたくて、ハードカバーで買うようになったシリーズ。

 今回のもぐいぐい引き込まれて読みました。

三鬼 三島屋変調百物語四之続
宮部 みゆき
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 1,138


 Amazonからあらすじ等
 待望の最新作は冬に贈る怪談語り、変わり百物語。
 鬼は人から真実を引き出す。人は罪を犯すものだから。不思議な話に心がふるえ、身が浄められる。

 江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん"のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。
 訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、
 心の時を十四歳で止めた老婆。亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語りだす。
 「もう、胸を塞ぐものはない」
 それぞれの客の身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて心ゆれる出来事が……

 第一話 迷いの旅籠
 第二話 食客ひだる神
 第三話 三鬼
 第四話 おくらさま


 登場人物が増えて、減って。

 個人的には、「食客 ひだる神」と、「三鬼」が結構好きでした。
 他の二つも、いいお話でしたし、今後の主人公 おちか の身の振り方に強く関わっていくための伏線なんだな~って思うと、次が楽しみです。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search