お辞儀。

 実は昨日、以前の勤務先のお客様に呼ばれて、新年会のような、お客様のお祝いのような、そんな感じの会に行きました。

 久しぶりにお酒を飲みまして、行きはバス、帰りはタクシーだったのですが。

 車を運転するようになってから、バスにはとんとご縁がなくなっていた私。
 SAPICAになってからは、全く乗ってことがなく。
 どうやって乗るのかな? とSAPICAを握りしめていたのですが、乗るときも降りるときも、音がほぼしなくて。
 「大丈夫なのか!?」と、ドキドキしながらの昇降でした。

 まぁ、それは別の話題なのですが。

 帰りにタクシーを利用したところ、乗って、行き先を告げて発進した後、

 「ありがとうございます」

 と言われて、「???」と思ったのですよ。
 乗ったときには、もう言われてたし。

 すると、タクシーに乗る前に、お辞儀をしてから乗る人なんて滅多にいないので……ということでした。
 つまり、私はタクシー乗り場で客待ちしている運転手さんに、「お願いします」という意味の黙礼をして、それからタクシーの傍に行くことになったわけなのですが、その最初の「黙礼」が……ということのようでした。

 えー?? と。
 だって、手を挙げて通りでタクシーを停めるときとかも、「お願いしまーす!」っていう意味で、頭下げない?? と思ったのですけど。

 でも、お互いに気持ち良くなれるなら、頭は下げてなんぼ(……というと、値が下がるか)って感じの気がするのですけどねー。

 とりあえず、和やかに家まで送っていただけました。

 そういえば、タクシーの中で電話に出るときも、「すみません、電話に出させていただいていいですか?」って言ったら、喜んでもらったこともあったなぁ……とか。

 安くはならないけど、タクシーで和やかに話すと、早めにメーターを下げてくれたりする人もいますし。
 お互い気持ち良く……というのを心がければいいのかな、と思いました。

 まぁ、お辞儀しようが何しようが、ぶすっとして態度悪かったり、最後に悪意でメーターを上げたりする人もいるので、何とも言えないですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search