その神経が理解出来ない。

 昨日に引き続き、父親の愚痴ですけど。

 今日は、自分が喧嘩を先にふっかけてきていることを棚上げに、「喧嘩になるから、その口調やめれ」って言い出しまして。

 ちなみに、喧嘩をふっかけてきたのは、私の交友関係に関してのことですけど。

 更に「何で、あんた親に似ず割と社交的なのに、友だちいないんだろうね」

 と言い出しまして。

 てか、娘の交友関係に未だに口を出すことが理解できませんし、小学生のころの友だちは、あんたの転勤で疎遠になりましたし。
 中学、高校は、過干渉で、放課後は学校が終わったら、すぐ帰宅しないと文句をいい、「家を出て行け」と言う。
 趣味に関しても、服装に関しても、自分の気に入らないものは、全てNG。

 家を出て行け。
 死ね。

 という状態で、どうやって、未だに続く友人が出来るのかを伺ってもいいですかね?(主に母親ですけど)

 飲み会とかも遅くまで残っていたら、タクシーで帰るというのにもかかわらず、迎えに行くって言ってるのに、こんなに遅くなるなんて、何を考えてるんだ(父親と母親)。
 というような状況で、恋人とか友だちって、どうやって出来るんですかね?

 ということを、笑顔の裏でずーっと考えてたわけですけど。

 「じゃあ、喧嘩になるなら、帰るわ」

 と言えば、

 「もう少しいな」

 と言う。

 その上、そうやって娘に喧嘩をふっかけてきておいて、「術後の傷が痛い。退屈で、あんたの声を聴いて、気持ちを紛らわせようと思って」と平然と電話をかけてくる父親が理解出来ません。

 既に、見捨てられたら困るの自分だっていうことをいい加減理解してもらえませんかね?
 というのが、「帰るわ」に込めた気持ちだったんですけどね。

 まぁ、すぱっと家を出て行かなかった私も悪いんだと思うんですけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search