わかってないなぁ……。


 ※ かなり内容的に、毒を吐いているというか、毒親に対する子どもの意見って感じなので、不愉快になりたくない人は見ないでね^^;

 麻酔がきれかけている中で、昔のこととかボロボロと喋ったり、「俺は鬱になりかけている」とか、色々めんどくせぇことを言ってた父ですが、

 「あんた、向こうの家で何やってんの?」
 「うち(実家)で、本ばっかり読んでるの見て、あの姿いやだな~って、お母さんと話してたんだよ」
 「忙しいからって、誰もが掃除とかしないわけじゃない。あれは異常だ」

 とか、イラッとすることを色々言ってくれてたんですけど。

 最初の二つについては、

 母親が、私が自分とは別個の人間であるということを理解できずに、自分の趣味を押しつけるから、私が自分がやりたいことをやれずに、仕方がないから本しか読んでいなかった

 のであって、自分一人の空間なら、色々やってるよ。

 と思ったり。

 まぁ、

 中学生だった娘に「死ね」と言った母親とか、

 母親が死にそうだっていうときに、自分がイラッとさせられたからと言って「二度とうちの敷居をまたぐな」と言った父親とか

 そういうのに優しくする義理はないし、昔と違って、もう私は独立した生活を営んでいる上に、自動車の運転もしているわけで、お前らの力を借りる必要はないんだよ? 脅せば意見を聞くしかなかったころとは違うんだよ? っていことを理解しようともしないし、理解もできないだろうね

 っていうことを言ったら、さすがに終わりかなと思うので、黙ってやりすごしてましたけれども。

 正直母親が死んだときに、「私はこれで自由だーっっ!」と叫んだこととか。
 ご焼香に来たいと言った紫遠さんに対して、「ごめん」と言ったのは、ようやく実家から解き放たれたのに、また戻るのは絶対に嫌っ!(直近だったので)という理由だったっていうことで、ちょっと申し訳ないな……という思いを引きずっているとか(本人に言いなさいよ……なんですけど)。

 個人的には、母親にひどいことを言われなれてて、「いじめ」られてるときに言われてることとか、他人がいうことくらいへのかっぱだとか。

 人と接する職業をしていますけど、確かに「よかったな」と思うし、愛情を受けていたということも理解してますけど、母親にやられたこととか、父親の行動とか、そういうのを避けてると、「すっげーいい人」って言われるので、彼らは親として失敗しているし、私も結局遺伝子的にはそういうものを引き継いでいるし、性格も似ている部分があるので、そこらへんは逃れられないんだろうな~とか思います。

 でも、母親が死んで、もう3年以上が経ちますけど、今でも「死んだら誰でも仏」「死んだ人はいい思い出」というよりも、「あのときはあんなことを言われた」「あのときにこれをやられた」という理不尽さに対して憎しみがわき起こりますので、相当根深いよな~って、自分では感じてます。

 ということで、何となく未整理のまま毒を吐いてみましたけど……。

 結論としては、もう既に過ぎてしまったものは取り返せませんけど、私の今後の人生は邪魔しないでいただきたい……と思っちゃう自分がいるんだな~っていうところでした。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search