FC2トラックバックテーマ 第2197回「出身地の自慢はなんですか?」

 ご出身は? って、どこを指すの??

 「出生地(生まれ)」と「出身地」と「地元」と「故郷」の違い

 っていうサイトを、ざら~っと流し読みすると、
 ・出生地 → 生まれた土地
 ・出身地 → 生まれた土地、生まれ育った土地、育った土地の3パターン

 だそうで、さらには、

出身地には、その土地で育まれた、その土地の風土の影響を強く受けたという意味が強いため、子供の頃に一番長く住んだ場所、人格形成に強く影響を与えた土地を指すことが多い。
 国土交通省の出身地の定義では、「生まれてから15歳までの間、一番長く過ごした場所」と書かれたサイトが多く見られる。
 この定義の出所は明確ではないが、大半の人が親と一緒に住み、人格形成される時期と考えた場合は、生まれてから15歳までになるため、この定義を使うのが一番便利である。
 ただし、中学卒業時に住んでいた土地と、長く住んでいた場所が異なる場合は、話が面倒になるため、中学を卒業した土地を「出身地」とする人も多い。



 だそうです。
 この定義で言いますと~。

 出生地は、「旭川市」。
 出身地になると……。

 生後3ヶ月 → 旭川市(3ヶ月)
 3ヶ月~5歳 → 羽幌町(約5年)
 5歳~7歳 → 遠軽町(約2年)
 7歳~12歳 → 釧路市(約4年半)
 12歳~ → 札幌市(15歳までという定義に合わせると、3年)

 ということで、この中では、「羽幌町」が出身地となるんですけど、でもねー。
 ほぼ物心ついてないし、そこが出身地です! って言えるほど胸を張れる状態でもない。
 でも、中学卒業から一番長く住んでいるのは、札幌市になるわけですから、出身は「札幌市」になるっていうことかな。

 とはいえ、個人的には「出身地 = 北海道」って気分ですけどね。

 なので、出身地の自慢は、「一度は行ってみたいと言われることが多そうな北海道! であるということ」かな。

FC2トラックバックテーマ 第2197回「出身地の自慢はなんですか?」

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search