「さぁ、知りません」

 土曜日に、読みたい本があったので、古本屋さんに行ってみました。

 で、もっと出ている本なんですけど、途中までしかなくて。
 レジに行ったときに、「棚にない巻というのは、商品がないものなのでしょうか?」と店員さんに聞いたら、

 「さぁ? 知りませんねぇ??」

 って言われて。
 「買うの辞めます」って言おうかなって思ったんですけど(苦笑。

 ただ、少ししてから、

 「間が抜けてるってことですか?」って重ねて聞かれたので、「もっと巻があるはずなのですが、○巻までしかないので、他にはないのかと」と言ったら、「そういうことなら、ないと思います」っていうお返事でした。

 てか、途中まで綺麗に揃っていたので、その先がないのが不思議で聞いたのですけど、古本ですから、そういうこともあるかなぁ。
 でも、1冊ずつしかないから、在庫が棚にあんじゃねーかなー? とかも思うんですけど。

 途中が抜けているわけでもないから、いっか……と思って購入してきました。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search