あ、やっぱりクライチェックか……。

 ジュラシック・ニューワールドを見るのを辞めたので、録画していたバーティカル・リミットを。

バーティカル・リミット [DVD]



バーティカル・リミット [DVD]

 画像等提供:amazon画像リンク作成ツール





 主人公一家が、ロッククライミングを楽しんでいたところ、ど素人が上の方にいて、彼等の事故に巻き込まれ、お父さんは子どもたちを助けるために、(自分がナイフを持っていなかったので……ここも、不思議ですけど……)息子にザイルを切らせて、自分は死んじゃいます。
 その後、なんだかんだで、妹は登山家、兄ちゃんは別の活動を。
 ところが、妹がK2で遭難。
 それを助ける! というストーリーです。


 なんだろう……。
 ものすげー突っ込みどころが……。

 登山に対してはね、あんまりほら、自分が興味もなければ、する気持ちもないわけで。
 なんですけど……。

 あ、タイトルは、山岳ガイドのトムさんが、ものすげーX-ファイルのクライチェックに似てるな~って思ってたら、ニコラス・リーさんで、やっぱりクライチェックだったな、と。

 以下は、ネタバレになるので、下で。



 ニトログリセリンを使って、クレパスに落ちた妹たちを助けようっ! っていうことなんですけど、そこら変はよくわかんないし、冬の雪山って怖いよねっていうところで見てるわけなんですけど。

 人間って、こんなに高いところで、ものすごく動けましたっけ? と。
 イモトさんたち見てると、訓練した人たちだって、こんなに動けなさそうなんですけど。

 後、ちょろちょろり~って垂れてったニトロが、お日様に当たって爆発して、救助隊員2名がじゅわっ! と蒸発するくらいの爆発起こすんですけど、クレパス割るぞっ! っていうときのニトロ、めっちゃ量多くね? とか。

 まぁ、主に私が疑問を感じたところは、以下のものです。

 クライチェック氏(ガイドのトムさん)、遭難したときに身体を強打したのか、ほとんど身動き取れません。
 そんな彼を、自分が生きるために、ヴォーン氏が殺しちゃうわけなんですけど。

 妹、「この人殺しっ!」とか、言っていた割に、また普通に二人で共同作業とかしてるし(生きるためには仕方がないのか?)、その上、普通にクライチェック氏の血液を抜いて、自分たちがここにいますよっ! って目印にしてるし。
 ここら辺ってどうよ? と。

 極限状態になって、何が何でも自分が助かってやるっ! っていう風になったら、そうなるのかもしれませんけど……。

 えー……? と。
 特にヴォーン氏の開き直りとかそういうのもなかったし……テレビだからカットされてるのかなぁ。

 で、結局肺水腫(ある程度以上の高度になると、水分をきちんと取らないと、そうなるのだとか)で、意識がなかった妹を助ける際に、一緒に助けに来ていたウィック氏が、女性救助隊員、兄ちゃん、妹を助けるために、自分の上でザイルを切って、ヴォーン氏を道連れに死ぬわけなんですが……。

 ラストは、いつの間にか下山していて、そこで、「兄ちゃん、ありがとね」って、兄ちゃんは女性救助隊員と、チュー! で終わりなんですけど。

 えーっ!?
 父ちゃんのことあったのに、それで終わりーっ!? って。

 なんて言うのか。
 普通に山岳救助だけに焦点を当てるのか、サバイバルに当てるのか。
 どっちかに絞った方が良かったんじゃないかなぁ……と。

 人間ドラマ的な感動は、上の理由で私は出来ませんでした^^;

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search