喜ばれると嬉しいw

 弾丸ツアーのお土産として、今年も鮭フレークを配ったのですが。

 TJ氏が、今年来た方で部署が同じ方にお渡ししたときに、「それ、美味いんすよー!」って言ってくれたり。
 WJ氏が、「これ、家族も大好きなんです」って言ってくれたり。
 SY氏が、「また行ったんですね、待ってましたよ」と言ってくれたり。

 お土産そのものが、とっても美味しい(だからこそ配ってるんですが)というのもありますが、こうやって褒めてもらえると嬉しいですよねー♪
 あー、このお土産嬉しい~♪ って思ってもらえることが。

 ちなみに、ND女史は、去年「なんでKK女史にあげないの? こんなに美味しいのに、もったいない」って言うので、私はあげたくないんだけどねーと思ってたら、「KK女史にもあげなさいよ」と仰るので(現在、彼女ともND女史は絶縁中に近いですが)、ND女史にもお土産渡したいかな……っていう想いと、KK女史のように親切に対して後足で砂を掛けるようなやつにお土産渡さねばならんのじゃ? という想いを天秤にかけたら、当然後者が勝ちますので。
 だってねぇ、自分の過失なのに、他人を泥棒扱いするような人にお土産なんて渡せませんてと思ったので、ND女史には今年はなし!

 お土産は、渡したいという気持ちと、「ありがとー♪」の笑顔の交換で成り立ってるものかなーと思うのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

お土産

>お土産は、渡したいという気持ちと、「ありがとー♪」の笑顔の交換で成り立ってるもの

まさにそれですね~♪
バイト先には、お休みして旅した時だけ、お土産をもって行きます(笑
これは、ご迷惑おかけしました~でも楽しかったですって言う気持ち。

弟のお嫁さん、小学校低学年のお嬢さんが、お友だちから旅行のお土産にキーホルダーを、
もらってきた時に、返させたっていう逸話が・・・。
なぜそうしたのか?はわからないんですけどね~。

相手の笑顔を想像しながらのお土産選びも旅の楽しみの一つですよね♪

ですよねー。

 お土産を選ぶのも楽しみの一つ、その通りだと思います。
 私は、異動のご挨拶で配ったときに、すっごく喜ばれたので、年に1回のことだしね、と、お世話になっている方々へ、「いつもありがとう! まだまだよろしくですっ!」という気持ちをこめて、お渡ししてます。

 義妹さんの行動は、「なぜ駄目なのか」「なぜ返すのか」が、きちんと説明できて、お子さん自身が納得してないと、色々な面でしこりを残しそうですねー。
 そうなっていないのを祈るばかりです。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search