先日、口頭でお伝えした通りです!

 私がとりまとめて購入して、そののちにそれぞれに請求する物品があったのですが。

 KK女史、他の方に、「私が支払うべき金額はいくらですか?」と訊ねていたようです。
 でも、その方はチェックをしていただいただけだし、私の仕事に便乗している方ですから、正確な金額がわからなくて、私に尋ねるわけですね。

 そういうことがわからないから、バカなんですよ……と思いながら。

 請求書が来たので、書類を作成して、承認をもらうときに、「金額は先日口頭でお伝えしたのと変わってませんから」と、ちくりと嫌みを言っておきましたが。

 ※ こういうことをするから、ますます嫌われて、関係が悪化するのでしょうが(苦笑。

 それにしても、腹は立つんですよ、もちろん。
 いるだけで、ムカッとすることもあるんですけど、基本的に、最近「本当に可哀想な人だな」と思うことも。

 彼女は札幌の支店に入りたくて入りたくて。
 それで、あちこち個別に出向いたりして頑張っているようです。
 そこは、私にはまったくうかがい知ることの出来ない世界なので、そこでの彼女の評価はわかりません。
 でも、「誰とも上手くやれない人」という評判を他の人づてに聞いたので、うちの職場の様子と併せて推して測るべし、だと思います。

 一方、私。
 「お前、大丈夫か?」と、外部の方に言われたほど、うちの会社が好きだし、楽しい。
 まぁ、どこの支店に行っても、好きだし、楽しいんですけど。

 で、今回はKK女史よりもいいところに行かせるための箔付けとかいう余計……げふげふ……な思惑で、別の支店に派遣されますし。
 外部の方に、「札幌の支店に行きたきゃ、俺に言えっ! いつでも出してやるっ!」と言われ。
 望んでないですよ~^^; と思い。

 一方で、KK女史は、
 盗難の被害があったと思い込みで訴えて、自分の評価を下げ。
 仕事を完璧にやっていると思って、他の人から「いらない」と言われ。
 テキトーに仕事ふってるフリをすれば、満足だからそうしておけ、と言われ。

 何だかなーと思いますよ。
 3人も子どもがいて、もういい大人なのに、「仕事」をするということがどういうことなのか。
 人間と付き合っていくということがどういうことなのか。
 それがわかってないんだなーって。

 派遣された先で、以前ちょこっと派遣されていた支店でご一緒だった方に、10年以上ぶりで会いました。
 皆さん、向こうから声をかけてくださるんですよね(私が、ほぼ覚えてないっつーのもあるけど……)。
 自分の人を覚える能力の拙さを恥じ入りはしますが、笑顔で声をかけてもらえる働きぶりだった昔の自分を褒めてやりたい。
 そして、今忘れてるんじゃないかと思う謙虚さを持って、仕事をしたい。

 そう思う自分を認めていいんじゃないかなー、と思うわけです。
 のんびりうっかりな粗忽ものだし、仕事の能力は、はぁ……と思うこともたくさんありますけども。

 と、KK女史への愚痴から、色々な話に脱線してしまいましたが。
 まぁ、嫌みは通じてるんだろうけど、言ってることは通じてないんだろうな、と思うわけです。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search