証明写真テクニック

 以前住んでいた小さな町の写真屋さん。
 めっちゃ写真下手で、こんなのに1000円もかけたかないわーっ!! って感じでした。
 ですが、運転免許の写真も田舎故に自分で写して持って行かねばならぬ……というとき、私は自分で撮ることを決断しました(笑。
 今回は、派遣先で履歴書を求められまして。
 それが3月30日。
 てか、決まったの、3月25日。
 もっと早く出せって言ってくれれば……と思いながら、焦って履歴書を書き、証明写真を撮りました。

 で、そーいやー前も苦労したなーということを思い出しまして(笑。

 普通に写真を撮っても綺麗に、満足行くように撮れる人は、単純に証明写真を撮るときに、白かグレーのタオルとか布を持って行って、膝に引いておくと、ライトが反射して、色白に、顔がはっきりとして映りますw

 でも、私みたいに、元々がうーん……な上に、おデブな場合。
 顔の輪郭をシャープに見せるために……。

 高いところから撮ります(笑。

 アングルとか距離とかが一度決まれば、後は目線と口元だけの問題なので。
 リモコンシャッターとかの人は、それでいいのですが、私はセルフタイマーで。

 机の上に三脚を立てて、ちょっと見上げるくらいの角度にします。
 ただし、あんまり上にしちゃうと明らかに、見上げている写真になりますので、目線に注意が必要です。

 私のカメラはセルフタイマー連写があるので、それで撮影しますが、何だか楽しくなってきちゃって、最後の方はニヤニヤするので、あんまり使えません(笑。

 フォトショップなどで背景を変えられる人は、単純に、太陽の光を正面から受けるところで、高さに気をつけて撮影を。
 背景は……という人は、なるべく白い壁とか無地のところで撮影をしましょう。

 少し望遠を聞かせれば、座って撮るとあまり高さが必要なくって楽ちんです。

 慣れてさえくれば、場所決めと表情の確認、望遠の距離等をチェックすれば、15分くらいで撮影できますよ。
 お金を払って、イマイチ自分で納得行かないなぁ……っていう写真を撮るんだったら、この方法がおすすめ!

 目線をカメラに寄せながらも、顎を引き、かつ、上目遣いにならないように撮影しましょう!(笑。
 顎のラインがシャープに、顔が変にてかったり、赤目になったりせずに、気に入った写真が撮れますよ~w

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search