ミスト

 悪い意味で予想を裏付けてくれた映画でした。

 うーん、原作はスティーブン・キング氏だったのかー。
 それなら、こういった終わり方もありなんだろーなー^^;

 巷での評判は「後味の悪い映画」「鬱になる」など、ラストが悪い映画としてトップ5には入りそうな勢いのようですね。

 個人的には「鬱」になるとは思いませんし、極限化ではこういったラストもありだし、悪意を持って見れば、ますますありな映画なんだろうなーって思いますけど。

 私はパニック映画祭りとして見ているので、問題ありませんが。
 楽しく週末をパニック映画でw と思っている方にはおすすめできません。

ミスト Blu-ray



ミスト Blu-ray

 画像等提供:amazon画像リンク作成ツール





Amazonよりあらすじ
 のどかな田舎町を突如襲った正体不明の“霧"。
 それが街を包んでいく中、身動きが取れずスーパーマーケットに取り残された人々。
 その中にはデヴィッドと息子ビリーもいた。霧の中には“何か"がいる。次第に明らかになっていく戦慄の事実の数々。
 生き残るためには、店内の人々が団結する他に術はない。
 しかしデヴィッドと彼の賛同者たちは、霧の中に潜むこの世のものとは思えない恐ろしい生物の群れと戦うと同時に、狂言的なミセス・カーモディ率いる店内の人々とも対峙しなければならなかった。
 そんな中、かすかな希望を抱いて最終決断をするデヴィッドたちに待っていた驚愕の結末とは?


 スーパーの店員オリーが、どっかで見たことがあるっ! と、ずーっと考えてました。
 トビー・ジョーンズ氏
 正直、Wikiに出ているやつでは、明確に記憶にあるシーンは出てこないんですけれど。
 ハリー=ポッターの屋敷しもべ妖精ドビーの声をやっていたそうです。

 さて、ミストに出てくる宗教おばさんは本当にうざい。
 もうちょっとすっきりと出来ないのかね……という感じ。
 言ってることがうざい上に演出が、長いので、余計そう感じます。

 どうせなら、化け物に食われてくれれば良かったのに。

 後冒頭で、「家に子どもがいるんですっ」って騒いで、家に帰るのよっ! と騒ぐおばさんも、個人的にはうざかったです。
 帰りたければ一人で帰れよって。
 その上、「どなたか送ってくださいませんか?」って、子どもが心配なら一人で帰れっ! と思うのです^^;
 最後の捨て台詞が「みんな地獄に落ちてしまえばいい」ですからねー。

 なんて言うのか、色々なところに、「えー」感があるので、それが「鬱になりそう」っていう感想をもたらす所以なのかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

これねぇ・・

何回見ても、宗教おばさんは嫌いだし、
最後もちょっと・・・(-"-)う~ん

っといいながら、民放で放送されると、
必ず見ているという・・・

癖になってるんでしょうか?(困っ

うーん。

 ラストがあれですけど、映画としてはまぁ、いい感じだからじゃないですかねー。
 あれですよ、赤毛のアンのアニメが好きだけど、マシューが死ぬ回だけは絶対見ないというような、私のルール(笑。
 あの感じ。

 途中まで見て、ラストはまぁ、いいや、みたいな。
 難しいですよね。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search