グリード FROM THE DEEP

 昔、これと同じ名前のパニック映画なかったっけ?
 テレビでもよく見てたけど。

 って、リメイクなのかな? とか、良く見ずにレンタルしました。

 グリード FROM THE DEEP

 最初のテロップ見て。
 「あー、中国かー……」と。
 ちゃんと確認しようよ、自分、と思いました。

 Amazonからのあらすじ
 逃げ場ゼロ!
  戦慄のモンスター・パニック・アクション!
  喰われる確率1000%!!!

 海上に浮かぶ謎の巨大タンカーの実験室―。
 そこでは次世代の人類の食糧を確保するため、高たんぱくを提供できる昆虫のDNAで極秘実験がすすめられていた。
 しかし、マッド・サイエンティストと化した研究者によって謎の新種生物は制御できないほどの繁殖能力を持ってしまう。
 増殖した奴らはやがて人喰いと化し、船を脱出、津波を巻き起こし、レイヴ・パーティーで盛り上がる浜辺の若者たちを襲い始める。
  一方、船内に残った一部の実験体は巨大なモンスターに成長し、人喰い生物たちのマザーとなる。
 運よく浜辺を離れて、クルージングを楽しんでいたパーティーの主催者・ケヴィンと取り巻きの若い男女は、そのマザーが潜むタンカーを発見。
 何も知らない彼らはお酒を盗みにタンカーに潜入するのだが・・・・。


 盛りすぎっ!
 こんな格好いい映画じゃないっつーの(笑。

 パニックにもホラーにもならない上に、冗長。
 コメディ映画だったのかな、やっぱりこれ。

 そして、ラストに女がうざい。
 むかしむかぁ~しのパニックになって余計なことをしたりして、うざいだけの女が出てきます。
 そうじゃない女をちゃんと主役級に持ってきてやればよかったのに。

 虫博士っぽいじーさんが、「あいつを喰ってくれたら良かったのに」と言ってますが、まさにそんな感じ。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search