「珍しい」って、何が?

 私の仕事なんですが、ちょっと一人でやるには多すぎるので、いくつかを日勤の職員さんにお願いしています。

 なので、昨年の忘年会のおみやげを、「少しですがー」と置いておいたのです。

 その後、何も言って来ないから、お好みじゃなかったのかな。
 でも、お礼ぐらい言わない?
 うーん、嫌われてる?
 と、ほとんど接点のない方なので(打ち合わせが必要なわけでもないんで)、疑問に思っているうちに忘れ去ってたんですけれど。

 昨日突然管理職から、「沢口さん、Tさんに何かあげたの?」って聞かれて。
 一瞬、ぽけっとしたあと、「あー! 忘年会のおみやげを。好みがわからなかったので、本当にちょっとだけですけどー」っていう話をして。

 「いやー、Tさん、すっごく嬉しかったみたい」って言うので、「あー、何も反応なかったので、気に入らなかったのかと思ってましたー」「ううん、そんなことないみたいだよ」と。
 喜んでいただけてたのなら、良かった良かったと思ったのですが。

 日勤の管理職が、「珍しー」と言っていたと言うのです。

 うん。
 その「珍しい」は、どこに続くのかなっていう話ですよ。

 1. お土産買ってくるのが珍しい
 2. お手伝いの人にお土産を買ってくるのが珍しい
 3. 沢口さんがお土産買ってくるのが珍しい

 どれだっ!? と。
 「3」だったら怒るよ(笑。
 と思ったのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search