大統領執事の涙

大統領の執事の涙 [DVD]



大統領の執事の涙 [DVD]

 画像等提供:amazon画像リンク作成ツール





Amazonより
 綿花畑の奴隷として生まれたセシル・ゲインズは、見習いからホテルのボーイとなり、遂には、ホワイトハウスの執事にスカウトされる。
 キューバ危機、ケネディ暗殺、ベトナム戦争・・・
 アメリカが大きく揺れ動いていた時代。セシルは、歴史が動く瞬間を、最前で見続けながら、忠実に働き続ける。
 黒人として、そして、身につけた執事としての誇りを胸に。
 そのことに理解を示す妻とは別に、父の仕事を恥じ、国と戦うため、反政府運動に身を投じる長男。
 兄とは逆に、国のために戦う事を選び、ベトナムへ志願する次男。
 世界の中枢にいながらも、夫であり父であったセシルは、家族と共に、その世界に翻弄されていく。
 彼が世界の中心で見たものとは?
 そして人生の最後に流した、涙の理由とは―



 間に、シドニー・ポワチエさんの名前が出てきたり。
 アメリカにおける黒人社会の歴史を、ものすごぉ~くダイジェストした感じでもありました。

 それを思うと、日本人って、大部分は、そんなに人種差別っていう考え方をしていないのではないかな~って感じました。
 特に北海道ね。
 北海道は、水平社系の問題とか、そんなに話題にならないから。
 普通に、その苗字で生活している人もいるみたいだけど、言われないとわかんないし。

 言葉が通じない、どうなんだろう? っていうことで、萎縮することはあっても、差別ではない。
 でも、知らない歴史とか、こういう流れなんだなーって思うこととか。
 勉強になりましたし、感動するシーンも多い映画でした。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search