フィルタがかかるのは仕方がない。

 最近、あんまり話題にする必要のなかったKK女史ですが、彼女の担当する仕事のせいで、またまた勃発しております(苦笑。

 で、みよしのさんが、KK女史と話したらしいんですけれど、彼女からすると「私の方に隔意を感じさせる態度がある」らしいんですね。
 まぁ、でもそれは、どちらにも言い分があるので仕方がない。

 でも、問題は、自分の方に認識不足だったり、問題があるのに、私が悪いっ! って言い張っていること。
 みよしのさんも、人間関係について……っていうところで話し出したんでしょうが。

 申し訳ないけれど

 1. 沢口さんが、こういう行動を取っている(これは、はぁ? と思えども仕方がない)
 2. KK女史は、今回のシフト割についての私の発言を完璧な当てつけだと思っている

 今回、10月以降のシフト割りが出されたのですが、KK女史の希望で私のシフトが振り回されるんですね。
 けれど、それを事前に本人から言ってこなかったのです。
 実は昨年度も同じことがあって、それこそ寝耳に水の後出し的な感じがあったので、今度はちゃんと事前に言ってよー!! って、いうことがあったんです。
 みよしのさんも、「それはKK女史自身の要望だから、迷惑をかけSY氏と沢口さんには、自分から言った方がいいですよ」って何度も言ってくれていたのに、SY氏には言ったのに、私には言わないっていうことがあったのです。
 なので、

 「今年度のシフト割も、昨年度のようにKK女史のプランのために変則的になることがあるのでしょうか。
 シフト割に対する要望を募るのであれば、それもはっきりさせて欲しい。
 シフト割が変則的になることは、顧客への影響も大きいので、全体的に周知するようにしてもらえまいか」

 っていうことを会議で言ったのです。
 普段はこういうことは、裏で言うことはあっても、会議でぶち上げることはありません。

 けれど、KK女史は、昨年度私がシフト割の変則的変更で振り回されていたことを知らないんじゃないか、というのです。
 んなわけあるかいっ! って思うんですけれど。

 って、事情説明が長くなっちゃいましたけれど。


 みよしのさんも、私がヒートアップしても仕方がない話の持ってきかたしないでくれよー(苦笑 っていうことなんですよ。

 タイトルや最初に書いたように、どっちが悪いっていうのは、感情レベルや他人との接し方、受け取り方はそれぞれなので、私には私の言い分が、KK女史にはKK女史の言い分があるっていうことはわかるんです。
 それは、もう仕方がないって。

 でも、事実じゃないこと、自分が悪いことで、私を非難してどうすんの?
 動画作成のことに対して、「使いたくない」って言い放ったことは、確かに悪いかもしれないけれど、そもそもKK女史が聞くべき人に聞かないで、コンセプトに合わない駄作を作ったからでしょう?
 「駄作云々」はともかくとして、「聞くべき人に聞かない」「作ればいいっていう姿勢」っていうところは、私は絶対に譲れません。

 私は、現在大人の対応として、側に寄らずにいますし、向こうが「仕事」と割り切って接してくれば、きちんと対応する腹づもりはあるのに。
 って、帰る間際に、ぷんすかぷー!! な話でした。

コメントの投稿

非公開コメント

Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search