作風なのはわかるんですけども。

薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる (ノン・ノベル)


薬師寺涼子の怪奇事件簿 海から何かがやってくる (ノン・ノベル)







 高校生のときに、友だちから銀英伝を借りて、創竜伝読んで、アルスラーン読んで。
 政治的に思想が偏ってるんだなぁ~っていうのはわかってた。
 まぁ、どっちかっていうと、私も似たような思想だし、別に嫌じゃなかった。

 でも、薬師寺涼子の作品の本質は、強者がひけらかす常識、考えがなくとりあえず一般常識じゃない? って思うものをハイヒールで蹴散らかしていくことの小気味よさだったと思うのです。

 それと、摩訶不思議な現象と。

 でもね。
 それらを、お話の中でいつまでも出さずに、単純なるへりくつ合戦だったり、政治業者への批判だったりが、ほぼ全文だとすると、ちょっとなぁって想うわけですよ。

 そういう要素が入るのがこの人の作風だってわかってるから、入っていること自体を批判はしません。
 でもね。

 これは、ものすごく残念な作品です。
 薬師寺涼子のリストから削ってもいいじゃないかな。

 挿絵も少ないわ、全然魅力ないわだし。

コメントの投稿

非公開コメント

新刊

このシリーズ、実はすでに読んでなかったり。
どこまで読んだかも、すでに遠い記憶。

おもしろーい♪って読んでいたはずだったんだけどな~。

新刊は、残念だったのかぁ・・・。
メモしておこう(笑
(きっと、樟葉さんが、残念っと思った内容、私も残念っと思うはず♪

うーん。

 私はこの一作品前までは、まだ何とか耐えられました。

 でも、この作品は、読まなくてもいいと思いますよ~。
 Amazonのレビューで、「老害」とまで言い切っていた人がいましたが、文章の感性って、ここまで落ちるものか……と。
 面白い、面白くない以前の問題なんですよね~。

 本当に、最初のときは、お涼サマ、素敵~。
 泉田クン、どんか~ん!
 って思いながら読めたんですけどねぇ……。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search