Blogを始めて13年目ですけれども。
 やっぱり、色々な方と交流が出来るっていうことがよかったことだと思います。

 私は、ほぼオフ会に出るという感じがないので、お会いした方はお一人ですが(Mさん、素敵な機会をありがとうございますっ!)、お手紙をやりとりしたり、贈り物をしたり、もらったり。

 お手紙をいただいたり。

 そういったリアルへのつながりもありますし。

 リアルではなくても、自分の意見に共感していただいたり、こういう考え方もあるよ~って教えてもらえたり。

 こういうのもありますよーって情報をもらったり。
 他の方のBlogを拝読して、「なるほどな~」とか、他の方が書いていらっしゃる記事の内容から派生して考えたり。

 自分一人では、偏った見方や考え方しかできなかったり、調べるにしても、限界があるような部分を教えてもらったり。

 そういう点が良かったな~って思います。

第2308回「ブログを始めてよかったこと」
 最近、またホームベーカリーを使ってます。

 まぁ、最初は同僚のND女史が、「フルーツとナッツがたくさん入ったパンが食べたい! 作って!」と、何かの話で我が家にはホームベーカリーがありますよって言ったら、言い出しまして。

 「え? 私が作るの?」
 「ホームベーカリー自分で買えばいいじゃん、そんなに食べたいなら」

 とか、思ったんですけど。
 だって、材料費出しますとか、お金払いますとか言うけど、それって、私があなたが食べたいっていう頻度でパンを焼くってことだよね?? とか。

 うーん……とか思ったんですけど。
 とりあえず、材料を揃えて(だって、自分も味見したりするから、Made in Chinaはいやじゃん?)、焼いてみたら、結局ずーっとずーっとお休みになっていて。

 その間に、「やっぱ、面倒くさいから、自分で食べる分だけにしよう……」と気持ちが固まったので、それはそれでいいんですけど。

 最近、ブランチはパンにしていて、食パンを買ってきてたんですけど、パンを食べるんだったら、自分で焼いてもいいよね……とか、色々思って。
 そういえば、全粒粉のパンとかもあるよね……と、調べてみたら、




 なのがあって、ついうっかり、計算もしないで、買っちゃいましたよ(苦笑。
 だって、500gとかだったら、2回分しかないし? とか。

 でも、良く考えたら(後で考えるなよ)、5kgって、食パン20斤分なんだよね……(笑。

 しかも、うちのホームベーカリー。
 まだナショナルの時代ですから(苦笑。
 どうやら、17年選手くらいですよ……(おおっ!。

 なので、全粒粉100%のレシピとかは、全く掲載されていなくて。
 とりあえず、普通の食パンと同じような分量でやってみたんですけど、見事に膨らみませんでした(笑。
 でも、味は美味しくて、結構ふっくらしてまして。

 一時期全粒粉のパンが好きーっ♪ って思ってたんですが、どっかで「口に合わない。美味しくない」とインプットされていたので、「あれ? こんなに美味しかったっけ?」と思いながら、食べてます。

 恐らく、どっかで、美味しくない全粒粉のパンにあたった模様(苦笑。

 5kgの小麦粉をどうやって保管しようかな? とは思ったのですが、まず1回分ずつジップロックに入れて、タッパウェアに入れて保存することにしました。
 今後、全粒粉の食パンライフです(笑。
 先日、2巻しか売ってなかったよ~!! って言っていた「夜見師」の1巻を手に入れまして。
 一気に読んでしまいました。

 読みやすい、綺麗な文章を書く方ですね。

夜見師 (角川ホラー文庫)
中村 ふみ
KADOKAWA (2017-01-25)
売り上げランキング: 6,557


夜見師2 (角川ホラー文庫)
中村 ふみ
KADOKAWA (2017-07-25)
売り上げランキング: 2,966


 主人公は、1巻目の表紙の方、多々良克彦さんではなく、2巻目の表紙の五明 輝(あきら)くんらしいです。
 目線は、多々良さん目線、輝くん目線と移動はしますが、それがあまり苦にならないかな。

 怨霊と化した霊がいて、それを「箱」に封じるんですけど、その封じた怨霊を消す(?)ためには、夜見師と呼ばれる人が必要なんですよ……っていう話しですね。

 主人公の輝くんの事情、心情。
 多々良さんの秘密、心情、事情。
 怨霊の過去と現在。
 周囲の人々。

 っていうのが非常に上手に描かれていて、引き込まれました。

 というか、昔はちゃんと本屋さんで本を買っていて、そういう本からの「秋波(私は面白いよっ!)」っていうので、新しい作家さんを開拓していたのですが、やっぱりネットで見るのと、実際の本を見るのとでは、違うんですよねぇ。
 ネットでの開拓は失敗率が高い^^;

 実際に本屋さんで手に取って、「面白そう!」と購入した本は、ハズレが少ない。

 まだ解き明かされていない謎もありますし、続きが出ればいいな~。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search