夏フェアになると、ちょっと本の新規開拓をしたくなるわけですが……。

 今年は、内容ではなくて、巻数にやられてます^^;

 本屋さんで見かけた、

夜見師2 (角川ホラー文庫)
中村 ふみ
KADOKAWA (2017-07-25)
売り上げランキング: 4,300



 他の本での紹介文を見て、読んでみたくなったんですけれど、そこの本屋さんには、2巻目のこちらしかなく。
 1巻目を待つしかない……と。

 更に、前々から気になっていた、

妖奇庵夜話 花闇の来訪者 (角川ホラー文庫)
榎田 ユウリ
KADOKAWA (2017-07-25)
売り上げランキング: 2,001


 も買ってみたんですけど、こちらに至っては、6冊目やないかーいっ!! って。
 まだ、夜見師の方は、カバーに、「2」って書いてあったから許す!
 でも、これないじゃーんっ!!
 全くよー。
 中に初回限定版、コミックペーパーが入ってるっていうのを見て、「待てよ……」って。
 そんな風なものがおまけとして入ってるっていうことはさ……って調べてみましたよ。

 はぁ……ですよ。
 お祭りの屋台か~。
 見て歩くのは好きですけれど、だからって、何かを買うかと言われると、何が買うのが好きっていうほどでもないかなぁ。

 何しろ、綿飴、そんなに好きじゃない。
 りんご飴、食べきれるわけがない。
 飴がそもそも好きじゃない。

 かき氷も、頭がキーンとなるので、そんなに食べたいわけではない。
 チョコバナナ、スプレーチョコの添加物いっぱいいっぱいなのが苦手。

 あっ! 冷やしキュウリ! あれは美味しかったです!!

 後、和牛の串が売ってる、地方のお祭りとかの屋台(笑。
 焼き鳥だって、そんなに美味しいわけじゃない。

 っていう感じがしますからね~^^;
 昭和の昔は、そんなに小洒落たお店は北海道にはなくて、クレープの屋台とか、結構憧れましたが、今は普通におしゃれで美味しいクレープが売ってたりするので、わざわざ屋台の衛生面が気になる、普通の味を食べたいとは思わないっていうのもある。

 なんか、最近の屋台の人たちって、気っぷの良さがなくなっちゃって、せこい商売やってる人に、何回か当たっちゃって。
 それで、苦手っていう意識もあるかもしれません。

 くじ引きは当たらないし、バルーンとかは、そもそも穴が空いていてセロテープで留めてあったのを売られたりとか。

第2306回「お祭りの屋台は好きですか?」
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search