先日、お客様から電話がありました。

 何があったのかなーって思ってたら、どうやら息子さんが、またアルバイトを辞めたんですよーっ! っていうことで。
 いや、別に、それ私に言われてもさ……っていう。
 心配する気持ちはわかりますけどね。

 で、息子さんは、

 1. 後から入ってきたやつの方が仕事を任せられる(自分がやってるような雑用をやらせられない)
 2. 俺はちゃんとやってるのに褒めてくれない

 っていうことが理由で辞めてきたって言うんですけどね。
 日ごろの話を聞いていると、遊びたいからサボってたり、仕事を理由にして、約束を破って遊んできたりしているようですので、職場の人もそれを見抜いてるんだろうな~っていう感じなんですけどね。

 で、あぁ、じゃあ、お客様が、日ごろ主婦業をやっていることに対して、息子さんは一つ一つ褒めたりお礼を言ってるかっていうところから攻めてはどうですかねー? っていう話になったんですけど。

 お客様が、「それって、自分で言えないですよーっ!!」って言うわけです。
 まぁ、確かに自分がやってることを誇るっていうのもなぁ……っていうのはわからないでもないんですけど。

 そんなこんなで、1時間半くらい話を聞いて終わったんですけれど。
 間に小さいお子さんがギャン泣きしてたり、「お母さん、お母さんってばーっ!!」っていうのもありましたが、「大丈夫ですか?」って何回か確認しちゃったけど^^;

 最近「褒めて伸ばす」っていうのが主流と言われるようになって随分経ちますけれど。
 私たちのころは、そんなこともなかったなぁ……とか。

 逆に褒められると、「うひゃぁぁぁっ」って、嬉しいけれど、面映ゆいというか、そんな立派な人間じゃないっすよー!! って言いたくなるって言うか。
 どちらにしても、それぞれの性格とか、個性とか、時と場合っていうのがあって、適切な方法を選ばないと伸びないんでしょうけどね。

 ちなみに、私は、「いやぁ、うちの部署でも、お客様のこと知りたかったら、沢口さんに聞きゃいいんじゃね? って言ってるんですよ~」とか。
 「沢口さんは人の話を聞くっていうスタンスがしっかり出来てるから。人徳っていう部分もあると思いますよ~」とか。

 先日、珍しく面と向かって褒められて、「うひゃぁぁっっ」(うにゃらんうにゃらん)っていう感じになりました。
 別に叱られたいわけでもなければ、褒められたくないわけでもないんですけどね(笑。
 先日、平成元年くんのことで理解しにくいことがありました。

 1. お子さんが入院しそうな状況だった
 2. そのお子さんの下に、1歳未満の子もいる
 3. 運転出来るのは彼だけ

 という状況下で、当初欠席と言っていた飲み会に出席したようなのです。
 もちろん、「だった」ですから、「入院は回避出来ました」っていうことではあったんですけれど。

 私としては、いくら入院回避とはいえ、40度近い発熱をしたお子さんがいる中での飲み会はあり得ないし、奧さんが運転出来ないのに、お酒を飲んじゃうのも理解出来ません。

 それを、みよしのさんとの雑談中に言ったんですけれども。
 みよしのさんも、「うーん、ぼくも行かないかな~。でも、奧さんがいいよって言ってくれたのかもしれませんよ」って。
 「まぁ、それならいいんですけどねー」って言ったら、「でも、女の人のいいよって、本当は違う場合もありますしねー」と。

 そのときは、「あっはっはっ」って大笑いして終わったんですけれど。

 何で、女性の「いいよ」は違う場合があるって言われるのかなぁ? と考えてみたわけです。

 で、到達した結論は、「それを聞いてくる時点で終わりだ」っていうことかな、と。

 例えば、私が平成元年くんに、上の状態で、「飲み会行っていいかなぁ」って言われたら、「あ゛ぁん?」って内心思いますし。
 でも、そう言い出した段階で、行きたいってことでしょ? 勝手に行ってくれば?
 どうでもいいから、行ってこい。

 っていうことになるかなぁ、と。
 優しく、こういう状況だけれど、行きたいんだよねぇ、仕方ないね、行ってらっしゃい……っていう方もいるでしょうし。
 状況によっては、まだ不安はあるけれど、もう大丈夫だから、行ってきてもいいよ……っていうこともあるでしょう。

 でも、どちらにしても、それを聞く段階で、阿呆って思ってるのかもな~と思ったわけです。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search