今日は、私のにゃんこのご飯買いに動物病院へ → 蕎麦屋で食事 → 私の車のタイヤ購入&交換 → イオンで父親のお買い物 → ドラッグストアで父親の買い物という動きでしたが。

 いや~、疲れた疲れた。

 と家に戻ってきて、少し経ってから、父親が時計の裏蓋がないっ!! っと騒ぎ出しまして。

 「いや~、もう、なんもかんも上手くいかない」

 という、私がすっげ腹立つ発言を繰り返してました。

 そういう風に思ってるから、何もかもが上手く行かないのですよ、わたし、帰りますよ……って思ってたんですけどね。

 で、とりあえず、近くの時計屋に持って行く~って言うので、時計屋へ。

 どうやら、そろそろ30年選手になろうかという父親の時計、ものはすっげ良いらしく、「裏蓋はないのですかっ!?」っていうお話に。

 そもそも、時計屋さんとしては、父が裏蓋をなくした時計をビニール袋に入れて持ち込んだこと自体が気にくわないらしく^^;

 なくしたってわかったら、すぐにサランラップで包んで欲しいんですよねっ! と。

 いやいや、それ、素人にはわかりませんからって(苦笑。

 で、オーバーホールに2万3千円。
 古い時計なので、裏蓋があるかどうかわからないので、全国に聞いてみるけれど……っていうお話になってました。

 そんでもって、裏蓋探しに行ってみてはどうですか? と。
 父親は絶対ない。
 無理。

 と、またネガティブ発言をしていたのですけれど、父親がうだうだ言っている間に、まずは蕎麦屋に電話してみましたが、ナッシング。

 オートバックスとか、イオン店内だったら、恐らく無理かもしれないけれどなぁ……とか思っていたのですが、最後に落としたのが(本日、2,3回落としたそうです)、イオンの駐車場っていうので、イオンに戻ってみました。

 父親は、駐車した辺りを(覚えていた私偉いっ!)ちょろっと探して、「ねーわ」と。
 諦め早っ! と思いつつ、私も探してみたところ、あるではありませんかっ!

 やっぱり、「あるかも」と思う人間と、「ねーわ」と思う人間の差ですよねぇ♪ ということで、また時計屋さんへ。

 「ありましたかーっ!!」と。
 「アドバイスいただいて探しに行って良かったです~♪」って会話しつつ。

 もしかしたら、経年劣化(途中メンテがないから)があるかもしれませんが、


 「こういう幸運な時計は」

 大丈夫でしょうっていうお言葉をいただいてきました。

 そうですよね~♪ っていう感じです。

 それにしても、いい時計を長く使うのも大変な時代ですね。
 父の時計も、もうちょっとランクが低ければ、適当に部品削って入れちゃったり、お店でちゃちゃっと修繕しちゃってくれるらしいんですけれど、いいものだから(めっちゃ強調してたけど)、きちんとしたメンテナンスをしましょう! とのことでしたよ。
 今日、時計屋さんと話す機会があったんですけれども、今の10万円クラスの時計と、昔の10万円クラスの時計は、中身が全く違うんですよ!! っていう力説をお伺いして、

 「じゃあ、ソーラー電波時計って、10万円とかありますけど」

 って言った瞬間に、

 「ソーラーも、電波も必要あるんですか?」

 と強い口調で言われました。

 曰く、

 ・ 常に充電していないと動かない。
 ・ 常に電波で補正しないと正しい時間を示さない。

 そんな時計に価値があると思いますかっ!?

 ということのようです。
 そうかー。
 電池交換もいらない、時計の補正もいらないっていう風に考えてたけど、そういう見方もありねーって。

 ちなみに、3~4万円くらいまでの時計は、中身が全然違いがないそうです。

 うーん……ですね。

 まぁ、私も、スマートウォッチに転向していますので、まだまだ違う普通の時計は買わないと思いますけど。
 それはそれで良かったかなぁ……って思っちゃいました。
 そういえば記事にするの忘れてた。

 うちの職場、基本的には暦通りの連休です(毎年)。
 なので、長くしたかったら、有休を取るしかないんですが、結構毎日シフトが入ってたりもするので、なかなか、「うっしゃ! 連休にしたる!」っていうのは難しいんですね。

 ただ、今年のシフト割り担当KKK女史(まぁ、去年もそうだけどね)。
 彼女は、シフト移動をかけ、休みを取りましたよっ!!

 さすがに9連休にはしなかったけどね。

 で、蓋を開けてみたら、有休取ってるのは彼女だけ!!

 すごいですよね。
 私なんかは、誰が出張入って、誰が有休取ってるかなんて、当日にならないとわかんないですけど、彼女はシフト割を担当しているので、知り得る立場にいるわけです。

 他の誰も有休を取らず、出張にも行かないっていうことがわかっていて、自分一人が休みたいが故に、他の人にきっついシフトを強要するってすごいですよね。

 ある意味、勇者ですよ。

 職場でもあちこちで、「あれはさぁ……ねぇよ」って話になってますけどね。

 それに気づけないからこそ、KK女史なんですけど。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search