今日の晩ご飯は、手巻き寿司でした。
 スーパーで、お刺身買ってきて、適当にカット。
 大葉も一緒にねw

 何で、突然手巻き寿司にしたかと言いますと、海苔が食べたかったんです。




 これを買ったからw
 違うものを探してたんですけれど、こちらの海苔を発見。
 そろそろ海苔を買わないとな~と思っていたところだったので、注文してみたのです。

 普段は、スーパーで売ってる、白子のり 全形10枚(金)を買ってますが、海苔大好きなんですよね。
 チーズに巻いたり、そのまま温かいご飯をのっけて、鰹節とお醤油をかけて、巻いちゃったりとか(今で言うおにぎらずに近い感じですかね)。

 結構低評価もある海苔なんですけれど、最初に一口食べたときの感想は、この海苔で低評価の人って、普段どんだけ高い海苔食べてんの!? でした(笑。
 私だって、おにぎりに色が移るのとかはいやだし、透けるような薄いのはいやだなーとか思いつつ、10枚498円くらいの海苔(前述の白子のり)だけども。
 つまり、1枚50円の海苔と、1枚25円くらいの海苔と、全然遜色ないんですよ? と。
 ていうか、むしろ美味しいと思ったんですけど。

 まぁ、最近、おにぎり用のうすい海苔をずぼらして買ったときの分を、消費していたのもありますけど。

 さすがに100枚なので、

蝶プラ工業 ロック式保存容器 のりケース 150709
蝶プラ工業
売り上げランキング: 23,849



 こちらも一緒に買ってみました。
 これから、美味しい海苔ライフが出来るといいな~♪

 手巻き寿司も美味しかったし♪
 この間、突然、フライドポテトが食べたいっ!! という気持ちになりまして。
 冷蔵庫に眠っていたじゃがいもを取り出して揚げたのです。

 子どものころから、冷凍食品とはあまりご縁がなくて、フライドポテトはファーストフードで買うか、自分の家で揚げます。

 ただ、家にあったじゃがいもは男爵で。
 男爵だと、揚げているうちに、少し煮崩れ……揚げ崩れ? する感じがあったんですね。
 そうかー、フライドポテトには、男爵よりは北あかりだったか……と。

 ちなみに、生のじゃがいもでフライドポテトを揚げるときは、くし型に切ったあと、加熱する前の油に入れてから、火を点けてじっくり揚げていくのが、美味しく揚がるポイントです。
 じゃがいもの様子で見るのもありですが、ぷくぷく出ている泡が小さくなってくると、しっかり火が通ったサインです。

 キッチンペーパーを敷いたザルにあげた後、ペーパーだけを抜いて、塩をお好みで振ります。
 ザルを振りながら、塩を振っていくとまんべんなく味がつきます。
 ここで、青のりを振っても美味しいですが、台所がすごいことになるので、それは覚悟の上で(笑。

 うーん、また北あかりでリベンジしようかな~。
 昨日、引っ越し手伝いのあと、ドラッグストアなどで買い物をして、スーパーに寄ったのですけれど。

 お店に入るなり、売り場の前でちょろちょろして、デカイ声で喋りまくる女子小学生が。

 「ままー、ケーキ買おう!! ばーばも欲しいって言うよ、きっと!」

 などなど。
 母親は、別にたしなめるでもなし。

 ばばぁも当然ですね。

 その躾を受けられない可哀想な女子小学生は、私が歩くあちらこちらで、うろちょろうろちょろ。

 最後、レジに至るまで遭遇しましたが、その躾がされていない女子学生には、更に躾けも受けられなければ、見本となる年上もいないという哀れな弟がおりまして、こいつがまたぎゃーすかぎゃーすか叫んではばたばた走りまくるわけですよ。

 じじーもいましたが、奴も注意、指導はなし。

 で、最後に支払いをしておりましたところ、その女子小学生の科白は、「人に親切にするって大事だよねー!!」というもので。

 うん。
 人に優しくする、親切にするって言うなら、スーパーで他人様の通行の邪魔をしないのも大事じゃないかな。
 弟と手を繋いでるくらい大事なことじゃないかな。

 と思って、帰ってきました。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search