コンビニでの成人向け雑誌の販売について、千葉県での取り組みが色々とニュースになっていますね。

 <成人雑誌の陳列対策>表紙にカバー、千葉市事業が難航 コンビニ「対応できない」 / Yahoo! ニュース

 個人的には、私も成人向け雑誌の表紙なんかは目に入るだけで、嫌だな~と思うんですけど。
 でも、それって、昨今の少女漫画とかも似たようなもんだしね。
 女性向けの、あくまで男女の恋愛を、イケメン男子同士に置き換えただけの話とか。
 別にBLを否定するわけじゃないけど、あれが、逆に理解とか共感を阻害してるんじゃないかなと思うこともあるので。

 そういうのも、似たようなもんだと思うんで、まぁ、根本的にはそこの問題は、どうでもいいと思うのです。

 ただ、ふっと。
 職場で、成人雑誌とか、そういうものを開いたり、話したら、セクハラ! っていう文言が、あったんですよね。

 じゃあ、公共の場で、誰もが利用するコンビニで、そういうものを置いてあったら、「セクハラ」になるんだろうか? と。
 面倒くさい問題だとは思うんですよねー。

 その昔、ウサビッチゼロをレンタルしに行ったとき、アニメコーナーで探して探して見つからなくて。
 お店の人に聞いたら、「成人向け」の棚に置かれてたっていうびっくりもありましたし。

 世の中って、わかりにくいな~って思います。
 芸能人の女性の違約金について取り沙汰されていて、結婚や妊娠を理由に違約金を取るっておかしいよね。

 俳優さんや芸能人の生きる権利を妨げるのはどういうことかっていう話が出てますねー。

 武井 咲 違約金は10億円? 所属事務所はお詫び行脚

 あぁ、武井咲さんか……。
 元から俳優さんたちの名前を役柄以外で覚える気がなくて(ごく一部は別)、最近の若い人なんかはドラマもほぼほぼ見ないので、余計にわからなくなってきてますが……^^;

 話題にしたいのは、そこじゃなかった。

 私も結婚や恋愛を妨げるのはいかがなものかと思います。
 ファン心理は別として(好きな人にはフリーでいて欲しいっていう気持ちはわかります)、お仕事の上で、そこまでは……って思うんですよね。

 ただ、今回は、出来ちゃった婚ですよね。
 それって、働く上での姿勢の問題に抵触しませんかね?? と思うんですけど。

 だって、自分たちが楽しんで、別に子どもが出来て仕事が出来なくなろうがどうでもいいわ~って思ってるから、出来ちゃった婚なんですよね。

 出来ちゃった婚を完全に否定する気はありませんが、それでも、結婚をするなら、子どもが欲しいなら、仕事との兼ね合いを考えるべきだと思うのです。

 私、実際にお客様に言われたことがありますし。
 結婚しようが、恋愛しようが、何しようがいいけど、子どもは辞めてね。
 今、あなたが産休を取られたら、私たちを放り投げることになるんだからっ!

 と。
 まぁ、全く予定も相手もいなかったので、「わかりますー」っては思いますけど、普通に聞き流してましたけど。
 要するに、私たちに対する責任を全うしてくれって言うことだと思うわけですよ。

 新しい命の誕生は喜ばしいことですし、ご結婚もいいことだと思いますが、社会人として仕事を引き受けている以上、そこはダメだと思うんですけどね??
 ネット上の記事(Yahooニュースとか)って、1ページの規定時数とかあるんですかねぇ?

 なんか、まだ、「1」と「2」くらいまでなら読もうかなって言う気になったりもするんですけど、「4」とかまでブラウザの継続数が書かれると、読む気が失せるんですけど。

 しかも、まれに、1行しかない次のページとかもあったりするし。

 何でそんなにブラウザ更新して行かなきゃならないんだよって。
 ほんの数秒ではありますが、読み込みに時間がかかるわけで、それがストレスになったりするんですよね。

 しかも、結構結論が気になるって読む記事に限って、「何が言いたかったの? タイトルと全然合ってないじゃん」って言う記事があったり。

 でも、ブラウザが更新されれば、広告収入になるからなのかな。
 無料で読ませてるんだから、我慢しろっていうことなんだろうけれど……。

 それならそれで、良質な文章を乗せて欲しい。
 そうすれば、きちんと読むのに。

 皆さん、そういうのにも負けずに、きちんと読んでるのかな……。
 私は、途中でも、ブラウザを更新しなくちゃならないと思ったら、「あー、いいや」と読まなくなるので、他の方たちってどうなのかなって思いました。

 先日、おにぎりは手で握るのか、手袋(OR ラップ)なのかっていう記事が出ていたのですが、1ページで終了している記事で、しかも冒頭に、「結構ボリュームのある記事なので、安全性のみを知りたい方は、前半は読み飛ばして後半へ」っていう但し書きをしている方がいて。
 これは親切だなぁ! って思ったので、余計に。

 遭難女性が救助の警官にブチ切れ ブログで「何様なの?」「酷い対応」/Yahoo! ニュース

 っていう記事がありまして、賛否両論らしいんですけれど。

 三重県内の山で遭難し、警察に救助されたという30代の女性ブロガーが、自分を救助した警官の対応を批判するブログ記事を投稿したことが、インターネット上で物議を醸している。



 ということらしいんですよ。

「悪気があって遭難したわけじゃない」
 さらにブログでは、予約していた旅館の夕食の都合などもあって、女性が取り調べを手短にしてほしいと依頼したところ、警官から「警察はサービス業じゃないんだ」などと反論されたと報告。

 この対応に怒りを覚えたという女性は、

  「さすがに腹が立って色々言い返しましたよ。私だって悪気があって遭難したわけじゃないし、気軽な気持ちで救助を要請したわけではないんです。軽く、喧嘩してしまいました」

としている。また、警官の態度についても、

  「山で遭難した人に対する対応って、もっと優しくなりませんか?普通(略)あんな態度がとれるのって、人としておかしいと思うんです」

と問題視していた。



 そもそもが、

ブログによれば、女性は一人で標高約1200メートルの山に登った。
 地図は持ち歩いていなかったほか、登山届も「下山のルートを決めていなかったので書きませんでした」としている。



 ということなので、遭難すべくして遭難したとしか、素人の私には思えないんですよね。
 で、その上で、更に旅館の予約があるから、夕食のこともあるから、早くしてくれって言われて、ぶち切れない人を、私はすっげー尊敬します。

 サービス業じゃねーんだよって言われても当然だし。

 びっくりなことに、「傷口に塩を塗るような警察の対応も問題」っていう人もいるみたいなんですよね。

 急性アルコール中毒の成人なんかも、ものすごい叱られるんですよ、看護師さんに。
 中学校時代の同級生が、一人、それやらかして、口にホース突っ込まれて、めっちゃ吐かされて、そのヘロヘロな状態で看護師さんに叱られるって言ってたもん。
 命を粗末にするなっていうことだから、看護師さんだって警察官だって、本気でがっつり言うんだと思うんですけど。

 自分の甘い考え方で遭難して、他人の命を危険にさらして、助けてもらって、「予約があるんだよね」って。
 全然関係ない他人の私でも、「腹立つわ」って思うもんね^^;

 世の中すごい人いるよね~。

 でも、私もそういうところあるかもしれないのが怖い……。
 先日、震災後の女子高生の話がニュースで流れていました。

 頑張っているのは嬉しいニュースですし、震災を風化させないために、人々に伝えていくことも大切だと思います。

 でも、私はなんかもやっとしたんですよね。
 何でもやっとするんだろう? と。

 頑張ってる。
 美談。
 それは、とても耳に心地よいでしょう。

 でも、人生相談でもなんでも、「人に言えない」人の方が心配。
 新聞とか、テレビとかで相談出来る人って、まだ「私大変なんです」って声を上げる余裕がある人なんですよね。

 もっと嫌な見方をすれば、「私、大変なんだよ。可哀想でしょう」ってアピールしてる人もいるんじゃないかと思うときもあります。

 定期的に被災地の様子を報道すればいいのか?
 美談として出されている人だって、人しれない苦労があって、それを表に出さないだけじゃないか。

 取り上げて欲しくない人だっている。

 すっごい、色々なことが考えられるし、色々な見方があると思うんですけど。

 このニュースに、もやっとしたのは何で? って、自問したときに、「声を上げていない人」はどうなったの?
 こうやって、何とか頑張って成功してるよ、これからも頑張って行こうと思ってるよって言う人を取り上げることによって、「あぁ、もう大丈夫なんだね」って風化しちゃう事実があるんじゃないの?

 って感じたのかな~と思うのです。

 同時に、中国から旅行に来てる方の行方不明のニュースの続報もちらっと出てましたけど。
 これだって、日本でもたくさん行方不明(蒸発、事件性)になってる人もいると思うんだけど、何でこの人だけニュースになってるのかな、とか。
(この方の遺体ではないかという報道のことじゃないですよ)

 私が、いきなり消えたりしたら、こんな風に「最後に見られたのは」とか報道されるのかなぁ、とか。
 なんだかわからないけど、もやっとするニュースの連続でした。

 報道されることによって救われることもあるので、報道するなっていうことじゃなく。
 私が勝手にもやっとしてるだけですけどね。
 まぁ、今朝Jアラートが鳴りまして。

 当初、「ん? 雨降ってるし、大雨警報?」と、もそもそと画面を確認したら、Jアラートで。

 1. 誤報?
 2. テスト?
 3. 本物だからって、どーすればいいっつーねん

 と思って、寝ました。

 そしたら、またアラーム鳴ったんですけどね。
 落下物に注意って。

 でもさぁ。
 丈夫な建物って、どれが丈夫なの? って。

 真上に落下してきたら、まぁ、そりゃ無理でしょうし。
 一応鉄筋コンクリと思われる建物に住んでますが、それなりの距離の場所であれば、窓ガラスは割れるでしょう……?

 とりあえず、布団被って、ガラスの破片から自分を護る?

 とか、起き出してから思ったんですけど。
 地震とか、災害時は学校とかが避難所になってるわけですけど、普通の家より学校とかって、やっぱ子どもの命預かってるから頑丈なのかなぁ?
 でもさ、朝6時よ?
 学校って、開いてんの?

 てか、避難してるときに、ミサイル落ちる可能性だって、あるじゃんよ……。

 職場でこの話したら、平成元年くんが、「防空壕? 一応地下に作りますよね」って言い出して。
 いや、防空壕だって、そんなに丈夫なのばっかりじゃないから……哀しいことに避難している防空壕で、生き埋めになってしまった人だっているし……^^;
 しかも、ないものを言われてもねぇ……。

 あぁ、地下でいいなら、マンホール開けて、下水道とか?
 そういうことかしらね??
 どんだけ一太郎好きなのよって笑われそうですけど。

 一太郎とwena wristがコラボする商品の予告を知りまして(笑。
 つい真剣に見入ってしまいました。

 でも、この商品の説明を読んで、あぁ、私にwena wristは合わないっていうことがはっきりして、逆にスッキリしました。

 どうも公式ページは私にとって商品の説明のページにたどり着けないっつーのか(確か前に見たとき、重くて表示が遅かった気がする)。
 詳しいところがわかってなかったんですよね。

 で、何が合わないと思ったかっていうと、太郎の説明を読んで、「あぁ、誰からの着信だとか、メッセージの内容がわからないんだ」っていう仕様が理解できたからです(苦笑。

 それまでは、時計が、きちんと時計として機能してる、見た目が普通の時計にしか見えないっていうことだけはわかってたんです。
 バンドの部分に、ウェアラブル機能が付いてるっていうのは。

 説明を見たところ、LEDのライトの種類で、自分で何の着信かを判断して、そこから見るっていうことのようですね。
 私、それは無理だ……と思いました。

 覚えるのが無理じゃなくて(時間はかかると思うけど)、内容を見て、緊急なのか。
 誰からの着信なのかを見て、即出なければならないものか、今は難しいから放置していいものかを判断したいんですよ。

 なので、私にとっては、現在の、



 を買って良かったな、と思いました。
 こちらなら、Gmailの内容もわかるし、LINEもわかるし、腕時計から簡単な返信も出来る。
 誰からの電話なのか、電話帳に記録してあれば、それを表示してくれるので、この電話はすぐ出る必要がある(内容じゃなくて、人ですけど)。
 今は無理だから後で折り返せばいい。

 番号わかんないから、大事ならまた後でかけてくんだろ……って無視できるっていうのが使い分け出来ますからね(もちろん、仕事中とかですよ。暇なときは、ちゃんと出ますから)。

 人それぞれ、何を考えるか、何を目的とするか、ですね。

 ちなみに、2017年3月に設置したインターホン、未だにインターホンを介してお返事したことないです。
 セールスマンぽい人とか、知らない人は居留守(こらこら)、宅配業者さんは、「はーい」と普通に玄関に出るっていう使用法をしてますので。
 インターホンっていうよりは、カメラとして使ってるって感じ?

 いつも、相手「インターホンの役割は?」って思ってるかなぁ? とは思うんですけど、宅配さんなら出るの当たり前なんだから、その方がタイムラグが少ないかな、と思って(言い訳。
 そういえば、私が勤務している社屋は古くて。
 ウォッシュレットなんてしゃれたものはついてないんですけれど、別会社の方にはついています。

 壁に操作するボタンがついているものです。

 そこでふっと思ったのです。
 ウォッシュレットって、壁に操作ボタンがついているものと、便座にくっついているものがあるよなぁ、と。
 どちらも、点字で案内もついていますけれど。

 でも、それは、私は見えているから、どこにウォッシュレットの操作がついてるっていうのもわかるし、不特定多数の人が使用するウォッシュレットは気持ち悪いから使わないっていうのもあるので、あんまり気にしたことがなかったのですけれども、見えない人にとっては、まずどこに操作する場所があるのかっていうところから探すんだよね……と。

 それぞれの利便性を持って、色々と試行錯誤してはいるんでしょうけれど、あんまり色々と仕様が変わると、本当に使えると便利なんですよね……っていう人たちにとって不便を強いることになるんじゃないのかなぁ……と、今更ですが思ったのでした。

 点字タイルの上に物を置いたり、盲導犬にちょっかいをかけたりってダメなんだよなぁ、と改めて思ったりもしたのです。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search