キーパーコーティングが終わったあと、スーパーで買い物をしました。
 時間としては、土曜日の16時くらい。

 本来の私の生活時間ではないので、すっごい混んでて……あー……ってなってたんですけど。
 (本来の私は、休日であれば、もうちょっと早い時間か晩ご飯が終わった時間にうろつきます。混雑が好きじゃないので。これから書く記事のようなガキに会うと、心がささくれるのでね……まぁ、ネタにはなるんですけど)

 さっすが民度が低いと有名なT市だな~っていう姿を立て続けに見たので。

 最近のトイレ掃除は、かけておくだけで、びっくりするほど綺麗になるこちらを使っているのですが、

除菌洗浄トイレハイター500ml
花王
売り上げランキング: 25,903


 やっぱり外側はこれを垂らすわけには行かないので、ちょうど今まで使っていたトイレクイックルの最後の一枚を使い切ったのを良い機会に、先日CMで見た



 を買うためにレジで並んでいました。
 そうしたらですね~、小学校4年生以上かな? と思う女の子が、ショッピングカートについているベビーシートって言うんですかね? 赤ちゃんを乗せて固定しておくようなやつ、に座って、何か紙を見ていたのですよ。

 思わず、「身体が悪いんですか? 大変ですね」って言おうかなって思いましたけど。
 でも、絶対そうじゃないと思うので、「いえ、そうじゃなくて」って言ったら、「そうですかー。頭が悪いんですね。お気の毒に」って答えるのにな~。

 なーんてね、ふふふ。
 と、ペケ(昔むかしのギャグ漫画)の夢路のようなことを考えていました。

 ※ ペケに出てくる夢路とは、見た感じ、ちょっとふんわりしたお嬢様なのですが、おひな様を見て、首がもげるところを想像しては、な~んてね、ふふふと一人で笑ったり。
 飛んでいる飛行機に、指鉄砲で「バーン」とやったら、飛行機墜落! なんてことを想像しては、な~んてね、ふふふと笑う女子高生です。

 まぁ、お母さんは、「降りなさい」と途中で言っていましたけれど。

 そーんなことを考えていたら、今度は、まだ幼稚園とか保育園くらいの子たちが、レジで並んでいる最中に、別のところで買ってきたパンをもっちゃもっちゃ立ち食いしてまして。
 しかも、パン屑が零れたのを、お兄ちゃんの方は、バシバシ足で踏みつけていましてね~。

 「あのねー、ぼく。ここは君の家じゃないんだよー。他の人が踏んだら迷惑だし、お掃除してる人にも失礼でしょ? お母さんが言ってくれないって可哀想だねー」

 って言いたかったですね。
 この家は、妹が落としたチョコレートのクズを拾おうとして初めて、「駄目駄目っ!」って言って、女の子のパンは取り上げていましたけれど。

 会計前のものを食べるのは、埒外ですが、私としては外で立ち食いするのも論外ですけどね……と冷ややかに見てしまいました。

 まぁ、立て続けにこういうのがいるから、「民度が低い」って言われんだろうな……と、お前の民度はどうなのよ! と訊かれるような感想を抱くわけですよ……ふふふ。
 公用車で、子どもを保育園に送るのは……っていうのが、今も時折記事になって、目に触れるんですけれど。

 これって、公用車で子どもの送迎っていうのがどうとかこうとかっていうのは、別に調べる気もないし、適正にやってるって言うならそれでいいよ……って思うのですが。

 ただ、これって、子どもの送迎の他に、自分の親を駅に迎えに行くだか送っていったっていうのもセットだったんですよね。
 そっちは、どうなんだろうって思うわけです。

 保育園への送迎っていう部分がセンセーショナルだったり、人に話題に上りやすいからっていう理由でガンガン出されていますけれど、そっちもちゃんと考えようよって思います。
 むしろ、問題はそっちでしょって思いますし。

 ただ、どちらにしろ「税金」なわけですよ。
 保育園への送迎、幼稚園バスとか大変だな~とは思います。
 だからこそ、公用車とか、無駄に議員にお金払ってる部分って絶対あると思うので、子育て支援って言うならば、送迎を手厚くするとか、そっちを考えてあげたら? って思うんですよね。

 本当に適正に運用していて、問題がないって言うなら、1キロ歩いて子どもを……じゃなくて、恥じるところがないなら、「ここはこんだけ大変なんですよ。世の中のお母さんたちもそうだと思います。シングルマザー、シングルファザーはもっともっと大変でしょう。なので」って、予算案を出すとか、自分の経験から打開策を打ち出すとかすればいいじゃんって思いますけど。

 とはいえ、子どもがいない私からすると、幼稚園バスを待っている間、子どもを幼稚園バスに乗せてからの、お母さんたちはうるさいです。
 子どもは百歩譲って我慢する。
 そういうものだから。

 でも、でかい声で、井戸端会議してる母さんたちはうるさい。
 これ、実家でのことだったので、「うるさいな~」で済みましたけれど、自分の家の傍だったら、幼稚園バスの停留所変えてくれって言うかもしれないです。

 だって、かなりの割合の人が起きて生活している時間帯でも、私は夜勤だから寝てるんだもん^^;

 と、話がずれてしまいましたが。

 ワイドショーなど昔からそうでしたけれど、ネットで情報が氾濫している今、適当に切り取られたり、話題にしやすいところだけが記事にされたりしていて、どこが問題なのかっていうことを探すのがすっごい難しくなってるな、と感じます。
 最近ちょこちょこ来る迷惑メールがあります。

 先日の、「わかっていても、ドキッとしちゃうんですよねー」の記事で書いたメールなんですけれど。

 まぁ、また似た内容のが来たので。

件名:貴殿の未納額は70万余になっています。(変なスペース入ってたりしてます)

 良くわからないアルファベットと数字の羅列
 催告状

 当職らは貴殿の登録情報のある情報サイトにおいて利用料金の未納が続いた為、提携信用情報機関により回収の任を承りました。
 《メールアドレスへの通知理由》
 登録状態にあったWEBコンテンツにおいて利用意思がなくなった際に、「自信のアドレスを記載して解約希望」と申請せずに放置したことによる料金


 で、その後うんたらーかんたらーと色々なことを書いてきてまして。

 本通達より24時間以内にご連絡をいただけない場合、アクセス情報をプロバイダに提出し、お客様のメールアドレス・プロバイダの契約情報を追跡し、身元調査を行い、顧問弁護士による少額起訴制度を利用した請求を行います。


 で、ガスとか電気のライフライン止めてやんよーとか、親類縁者とか実家とか勤務先等関係先への連絡を行うよとか脅しが並んでるんですけど。

 24時間以内に契約解除しなかったら……って言う割には、1週間くらい経ってから、また同じ文面送ってきてるよね? って。
 しかも、ライフライン止めるとか出来るの? って。

 まぁ、そもそもこういったものが、「どこに契約したのか」とか「いつ契約したのか」とかもなく、出てくることがおかしいし、そもそもが、メールで来てることがおかしいんですけどね^^;

 とりあえず、今のところ、ライフラインは大丈夫ですし、こうしてBlogも更新できてますけどね~って感じ?
 ほんと、こういうことやってる馬鹿は、即刻捕まればいいのに……と思います。
 いつも楽しく拝見しているツイッターまとめ。

 今日は、「小1の息子の宿題、これ何かわからないって言われたけど」っていうツイッターが出ていて。

 そうかー。
 もはや時代はその域か~って思っちゃいました。

 確かに、ダイヤル式の電話とか、リモコンで動かないテレビとか、そういうの見たことない子がほとんどになってるんだもんね。
 切符もそうなのかー。

 Suicaとかそういうのばっかり使ってたら、そうなるよね。
 その内、「現金って何?」っていう時代になるのかもなー……。
 そういえば、自分で記事を書いておいてあれですが。

 石原良純さんをディスっておいて、元記事を書いてなかったな、と。

 「ワシもそう思う」の記事で、豊田議員の暴言や暴行からの女性蔑視がどうのこうのっていう記事を書いたんですけれど。

 その発言より、もっと阿呆だなと思ったのが、案の定批判を浴びているらしい、石原良純の発言です。

 私が最初に見たのは、

 石原良純、暴言&暴行で離党の豊田真由子議員「悪気はない」 / スポーツ報知

 で、そういえば、元ネタ書いてなかったな、と思って、検索したら、

 石原良純「豊田真由子議員に悪気はない」発言で批判浴びる / アサジョ

 っていうのが出ておりました。

 

議員と秘書との関係を問われ「上司と部下だったら、怒鳴るのはあるじゃないですか。この人は、悪気はないって言ったら言葉悪いけど、本当に思っていることをズケズケ言っちゃう人なんでしょうね」と自身の見解を示す



 上司と部下の関係が怒鳴るのはあるじゃないですか、ってさぁ。
 正直言うと、怒鳴られて、びびって、高速道路逆走するほど日々怒鳴られたり暴行を加えられていたわけでしょ?
 通常じゃないと思うよ。

 ただ、それよりも、私がアホだなと思ったのは、こちらの言葉、

今回、元秘書の男性が議員の暴言を録音していたことに「ただ、これが表に出てくるっていうのは、すごい時代だなと思います」と驚いていた。



 馬鹿じゃないの?
 それってさ、パワハラされようが、暴行されようが、何しようが、自分の娘を引き合いにして、歌まで歌われて馬鹿にされようが、議員さまの下につくものは、黙って虐げられていろっていうことでしょ?
 どんだけ議員が偉いっていうのさ。

 (まぁ、偉いっていうか、権力はあるんでしょうけど)

 っていうか、そういう認識を持っていること自体が、クズでカスでゴミだと思いますけどね。
 だから、政治業者って嫌い。

 そして、そういう考え方をしていることに疑問を抱かないっていうのが怖い。
 まぁ、このタイトルで、フレーズに抑揚がつく人で、年がわかるかもしれません(苦笑。
 何かのCMで、小さい人形の博士が空を飛んでいて、「ワシもそう思う」って言ってるのがあったんですよね~。

 子ども心に、ものすげー印象に残ってるらしく、何となく言いたくなります。

 さて、今回、何が「ワシもそう思う」なのかと言いますと、

 麻生財務相の「あれ女ですよ」発言、小倉智昭氏が「そんなに問題にすることかな?」/ Yahoo! ニュース

 豊田さんの暴言等についての、麻生サンの発言について、女性蔑視? だかで、怒ってる人がいるっていうことなんですが。
 そもそも、発言してるのが麻生サンなんだから、深いこと考えてるわけないじゃんって言う気持ちもあるんですけども。

27日、秘書への暴言、暴行問題で自民党に離党届を提出した豊田真由子衆院議員について、麻生太郎副総理兼財務相が「学歴だけ見たら一点の非もつけようのないほど立派だったけど。あれ女性ですよ女性。男と書き間違えているんじゃないか」と述べたことを取り上げた。



 ということに対して、

 番組では、それに対し国際政治学者の三浦瑠璃氏は自身のツイッターで「いつもの麻生節はおいといて、自民党が変な候補者を選んでおいて、やっぱり変だったことが明らかになったときに、女性一般の問題にするのは勘弁してほしい。個人的には、自民党にそろそろカウンセリング室が必要なのではないかと真剣に思い始めてる」とコメントするなど、女性から疑問視する発言が相次いでいることを取り上げた。さらに出演する女性陣からも「そこで女性とか、男性とか発言する必要があったんだろうか、と違和感を感じた人が多かったんじゃないか」と意見があった。


 ってことらしいんですが。

 私は逆に、この発言を受けて、「そこで女性とか、男性とか発言する必要があったんだろうか」って噛みつくことに違和感を感じますけれども。

 だって、これって、私には、

 「非の打ち所のない経歴の持ち主で」、でも、あんな暴言吐いちゃった。その上暴行までしてる。
 でも、「女性」なんですよ。
 女性で、あんな暴言や暴行を行うって、ちょっとびっくりだよね……っていう、小倉さんと同じ風に受け取ったので。
 まぁ、男性だったらやっていいかってなると、なしなので、これで麻生サンが「男だったら、わかるし、俺もやったしさ」とか発言したら大問題だけど、この発言、そんなに問題ある? と思うのです。

 石原良純の発言の方がよっぽど、「こいつ、やっぱりアホだな」と思いましたしね。

 私が気にならないけれど、他の人が気になるっていうことは当然あるし、その逆もまた然りなので、何とも言えないのですが、何となく最近の、「女性がどうだー」「男性がどうだー」「性別がどうだー」とか言うのって、過剰反応っていうのか、根本的なところに対して歩み寄ろうというか、そういう気持ちもあるのだということに対して想像力を働かせようとか、そっちが大事なんじゃないのかなって思うんですよね。

 小さい子に、「男のくせに!」とか「女のくせに!」って言うのは、差別だから駄目なんだよって言ったら、「それは言ってはいけないことなんだ」っていうことだけになりますよね。
 なぜ、駄目なのか。

 Aくんは、男の子だけれど、女の子より気が利いて、おとなしやか。
 Bちゃんは、女の子だけれど、男の子より力が強くて、元気だ。

 そのことに対して、「Aくんは、男のくせに」とか、「Bちゃんは女のくせに」ではなくて、それぞれの個性を大切にしていくことが大事なんだよっていうことを伝える方がよっぽど大事なのであって、ぎゃんぎゃん騒ぎ立てることではないと思うんですよね。
 先日別会社に行く途中、(その日は暑かったので、窓を開けて運転してました)

 「前の校長は禿げだった」

 って単語が耳に飛び込んできて。
 「はっ!?!?」ってびっくりしましたのですが、続けて、

 「The former principal was bald.(聞き取れたのは、Principalだけだったんですけど、Google翻訳で)」

 って英語が出てきました。

 続いて、

 「元彼とデートした」
 「元彼とデートとかやばくね?」

 って会話に。
 ここで信号が変わったので、通り過ぎちゃったのですが、その手には、


 がありました。
 今はこれが主流なのでしょうか。
 私のころは、英単語ターゲットとか、なんとか3600とかだったような印象がありますが。

 それにしても、例文がえげつないね……^^;
 リアル図書館戦争の懸念 中学校の蔵書に市議会が口出し / Yahoo! ニュース

 っていう記事が出ていました。
 ライトノベルを中学校の図書館に入れたんですが、その表紙が女性の肌の露出が強く、胸部が大きいということでふさわしくないという風に判断されたようです。

 それは、別にね。
 学校にふさわしくないっていうなら、一時期のネット小説なんかもそうだと思いますし。
 個人が読む分にはいいけど、学校の図書館っていうところを考えたらさ……って思わないでもないですけれども。

 ただ、記事で気になったのは、

 この中学校では、生徒から「ライトノベルが読みたい」との要望を受け、図書室担当の教諭がインターネットで当時の人気作品を無作為に選出した。
 本は同年7月末に届けられたが、教諭らは「女性の肌があらわで、おっぱいの大きい」(教育課)表紙イラストを見て“お蔵入り”を決断したという。


 ということなんですが。
 無作為に抽出した人気作品のタイトルが、

「おんせん部!」(宝島社=【A】)、「恋愛負け組の僕に、Hなメイドが届きました。」(前同=【B】)、「モテモテな僕は世界まで救っちゃうんだぜ(泣)」(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス=【C】)、「エロマンガ先生」(前同=【D】)、「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」(前同=【E】)
【A】と【D】以外の作品の表紙に、女性の胸の谷間が描かれているが、有害図書に指定されたものはない。17冊は門真市立図書館で貸し出されることが決まっている。


 ねぇ、このタイトルでさ、エッチくさくないって思う方がおかしくね?
 しかも、今のご時世、ネットとか、Amazonで本の表紙くらい確認出来るじゃん。

 正直、この担当の教諭っていうのが、まずアホとしかいいようがないと思うんですけど。
 ちょっと調べればわかるし、その上で内容を考えて、OK出したなら、断固として検閲のような要請を排除すればいいだけでしょ。

 税金使って買って、届いてみたら、「げ、やべぇ」っていうのでお蔵入りって。
 そもそも、どこからどうつっこんでいいんですか? って感じですけどね。

 本を読む権利は邪魔されるべきではないし、学校の図書館に入れて欲しいっていうのも限られたお小遣いの中で購入できないからっていうのもわかります。
 市議だろうが何だろうが、ちゃんとした意見と検証の上で入れられたものに、横やりを入れるのはよろしくない。

 けれど、今回のこれは、中学校側がアホ! と思わずにいられません^^;
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search