うちの新卒くん。
 今度、正式社員として、別の部署に行くと言うことで。

 本日は、うちの職場の送別会でした。

 まー、悪のりするわ、何だわ。
 みよしのさんのサブとして働いていたのですが、会社全体の送別会でも、今回の送別会でも、彼はみよしのさんのところに、「お世話になりました」とはいいに来ていないようです。

 その上、2次会が終わったあと、誰にも挨拶せずに帰りやがりました。
 ましてや、今回支店長がご勇退ということで、みんなが支店長をお見送りしていたのにもかかわらず、です。

 とんでもねーなー……と。

 そんな彼への送別の色紙には、

 ・ 信頼される人になってください
 ・ お世話になってないけど、まー、がんばれば?(これ、お客さんの一人です)
 ・ お客様のために動ける人間になれ
 ・ 他人を変えるより、自分が変わることが大切
 ・ 感謝 即 実行
 ・ 君は、まだまだだ

 などなど。
 すげーなーっていうことのオンパレードです。
 特にお客さんからの文言がすごいです。
 彼女はみよしのさんが担当しているお客様なんですが。

 でも、新卒くんは、この色紙を見ても、何も思わないんでしょうか……。

 振り返ってみれば、「この職を一生の職とできるよう頑張りますっ!」とか言っていた私。
 皆さんが優しかったというのもあるんですけど、「がんばれー!」と笑顔で言ってもらえていた昔の私は偉いと思います。

 正直、今も至らない点はたくさんありますが、昔の自分は、新卒くんのようなことは決して書かれなかったな。
 心得として、「こういうことを覚えておきなさい」とは言われたことはあるけど。

 どうなるんでしょうねー、彼は。
 先日の飲み会で、もう私的にはネタとしているKK女史との争い(笑)。

 「私も今年度は女の闘いを繰り広げましたが、来年度はオトナになりますっ♪」

 っていうだけで、爆笑してもらえる自分が幸せものです^^;

 そのネタを披露したとき、ST氏が、

 「ホント、KK女史って、普段から文句しか言わないけれど、酒が入ったら、文句ばっかりっ!」

 だそうで。

 平成元年くんも、「それで、Kたんも元から嫌なのに、もっと嫌になって」って言ったり。

 いやいや。
 個人的に「しか」と「ばっかり」って、意味的には同じだと思うんだけれど、雰囲気として伝わるものが多くて、笑っちゃいました。

 いやはや。
 先日、KK女史と合作で動画を作ることになっていました。

 まぁ、OSN氏が、「じゃあ、沢口さんとKKさんで、7:3くらいで作れば?」っていうところから端を発してるんですが。

 PC作業に慣れている、KたんやOSN氏でも、相当時間をかけて作ります。
 彼らはセンスもあるので、面白いものを作ります。

 私、去年もやりましたが、センスは……です(評判は良かったので、ほっとしましたが)。
 ただ、やったことがあるので、どう作ればいいかはわかっているわけですから、大丈夫ですね。
 2月くらいから始めていました。

 KK女史、ソフトのインストールから詰まってたんですが、私に訊かないんですよね。
 っていうか、上手くインストされないから、どうしたらいいんだろう? になったので、この方法を試したらどうでしょう?
 って伝えたら、「私はもう退勤時間だから(子どもがいるので、少し早めに出勤して、早く退勤するスタイルです)、後日でいい?」と言うので、「どうぞどうぞ」と終わりました。

 さて、問題です。
 これって、私の方から、「昨日のインストールどうなりましたか?」と問うべきだったでしょうか?

 私は、自分から訊け、と思ったので、問いませんでした。

 結局、しばら~く経ってから、インスト出来てないことが判明。
 PCのせいなのか、なんなのか、デスクにあるPCでは使えなかったので、共有のPCにソフトをインスト。

 その後も何も訊いてこず、しまいにはKたんにさえ訊かず、全然関係ない人に訊いて、4,5日で仕上げてきました。
 見た瞬間、もう、「どうせしょぼいだろうなと思っていたけれど、予想の斜め遙か上を行くしょぼさ」で、ため息ばかりが出ました。

 ここは完全に私が悪いんですが。
 「この動画を自分のとくっつけては使いたくない」と言ってしまったんですよねぇ、通常の声のボリュームで。

 それを、どう伝えたかはわかりませんが、どなたかがKK女史に伝えた模様。
 それで、怒ったらしいんです、彼女が。

 まぁ、それは知っていましたが、私は知らんぷりで、本日上映会を開催しました。
 私が作ったものと、自分の作品を見比べて、どうなるのかってわかればいいなって思って。

 そこで、「あぁ、こういう風にすれば良かったんだ」と思って、「手直ししようか」って言ってくれたら、「KK女史が、4月から私に訊いてくれてもいいことも訊かないので、へそを曲げた部分がありましたが、訊いてください。ちゃんと応えますから」って言えたのになーって。

 ただ、むすっとしたまま、何も言わなかったので、「じゃあ、このままで」という流れになりました。
 まぁ、この流れにしたのも、OSN氏が、

 「どうせ、あの人の評価は、これ以上下がりようがないくらい下がってるんだから、ここでどうだこうだって言うよりも、動画の評判が悪いときに、何で悪いのかって伝えた方が、沢口さんやKたんの評価は上がるし、ああやっぱりねってなるからいいんじゃないっすか?」

 っていう発言をしたからなんですけれど。
 私としては、もう密接に関わることはないので、若干吹っ切った部分があるから、快く自分の非を認めてもいいなって思ってたんですけどね。

 長文ですが、こんな感じです。
 ふっ。
 先日、「いじめられなかったっ!!」の記事で、打ち合わせをするのに、「ご参集連絡」をお願いしたとたん、

 「それって、あたしも出る必要あるの?」って抜かしたKK女史。

 それに対して、私は、そう訊かれた時点で、「じゃあ、出なくていいよ」っていう気分だったので、「Aっていうことに対する連絡ですので、今日はいいですよ」って笑顔で答えたんですけれど。

 昨日の夜、他の方の話を聞いたら、あの女、
「私何も聞かされてなくってわからないから~。中をのぞいてみたら、何かやってるみたいなんだけれど、入りにくくって」

 とかヌカしてたらしいです。
 本当に、腹立たしいっ!

 昨日の夜とかは、他の方に、こういう状況なんだから、私に対してKK女史が言ったことだけで、注文つけるなっ! ストレスだっ!! って訴えようかと思ったくらいでした。

 けれど、ワタクシ、「オトナ」でございますので(カタカナで書いてる時点で、胡散臭い? その通りっ!)。
 女同士のそういう話なんか聞きたくないでしょうしね……と、次の機会を待つことにしました。

 でも、顔も見たくない、キィーッ! っていう気分。

 KK女史が「聞いていない」はしょっちゅうですし、私が「言った」に比べたら、信憑性に、アンドロメダ星雲とマントルほどの差があるんですよっていうことを伝えたいと思います。
 本日の抜け作2号。

 クロネコヤマトさんをつかまえて、「佐川さんですか?」と聞いていました。

 つーか、日本にはたくさんの宅配業者さんがありますが、うちの地方に来るの、しょっちゅう来てくださる業者さんだったら、片手に余るから^^;

 その上、佐川さんとクロネコヤマトさんって、制服とか全然違うやん。
 本気でこいつ、渉外担当とか任せられているけど、大丈夫かぁ??

 いえ、大丈夫じゃないんですけど。

 そんな彼に、常識という名の幸せが訪れることを祈りますorz
 先日、抜け作2号と机を向かい合わせで働いている女性と、こっそり井戸端会議をする機会がありまして。

 KK女史、机に置いてある消臭剤は抜け作2号対策ですか?

 と(笑。

 PCで隠れてると思ったんですけどーっっ

 というお返事。
 私はしっかりチェックしてましたよ、にやり。

 彼の体臭は割とすごくて、夏は不快ですが、KK女史は仕事を始めたころ(彼女はこの4月からです)は、お手洗いで吐くほど辛かったのだそうです。
 それで、やむなく消臭剤を置いたのですが……。

 それを見た、その部署のトップからも「あれは、あいつ対策だろう?」と言われたそうで。
 そうしたら、「俺も毎回行ってるんだけど、あいつ、シャンプーだって言い張るんだよな」とのこと。

 っていうか、そんな「生理的嫌悪感を催す香りのシャンプー」なんて存在するっ!?

 一万歩譲って本当にシャンプーだったとしてですよ、「不快だっ!」と言われたら、シャンプー変えない?

 本当に抜け作2号は、困ったもんです^^;

 [以下追記]
 な~んて記事を書いていたら……。
 先ほどKK女史と出会ったのですが、「今日は抜け作2号、家に帰ってるんです」とのこと。
 「何でですか?」と当然訊いたら(ご実家でご不幸があったとか、色々考えたのですが)、

 上司に、「お前、今日は酷すぎる。何とかしてこい。俺、耐えられない」と言われたのだとか^^;

 先ほど物品を取りに出かけたら、もう戻っていましたが、恐らく「着替え」と「シャワー」でもしてきたんでしょうねぇ。

 男性の方に言われるって、ものすごいことですよね^^;
 困ったものです。
 実は昨日、職場にPCの電源コードを忘れちゃったんですよね。

 いやーっっ!!
 今晩、釣りキチる予定なのにぃっっ!!

 ということで、慌てて取りに。

 昨日はサッカーがあるからって、みぃ~んな早く帰っていて、私も仕事があったんですが、TD氏に「帰ろうっ!!」と言われて、「じゃあ、帰るか。どうせ、明日も仕事だしな」と思って帰っちゃったんですよね。

 当然、あまりにも人がいなければ、職場は鍵がかかります。

 でも、奴はいるはず……だったんですよ、抜け作2号が。

 案の定抜け作2号がいましたので、鍵をあけてーっ! とインターフォンを鳴らしたら。
 悠々と歩いていきやがりまして。

 普通は少しくらい慌てて、鍵を開けに行けよっっ!! とか思うんですが。
 おまけに、あいつが最後だったので、ブースにも鍵かけやがってて。

 今、まさに私がインターフォンを鳴らす直前に鍵をかけたんだから、すぐわかるだろうっ!!
 と思いながら、奴の部屋まで行き、「鍵をあけろっ!!」と要求しました。

 もちろん、言葉だけは丁寧でしたけれどね。

 奴のお返事は「ああ」。

 「ああ」って、今、まさに、Now! 鍵をかけたっていうのに、返事が「あぁ、鍵かけたっけ」かよっっ!!

 と、忘れ物をした自分が一番悪いんですが、「きーっっ!! イライラっ!」としてきました(笑。

 最近接触が少ないので、油断してましたですよ(苦笑。
 えぇ、ブログをお休みする前に、何度か記事にしました、うちの抜け作2号。
 超辛口ドSのEK女史なんかは、「あれは抜けてるんじゃないから」とか、うちの管理職なんかは「大人の特別支援だから」とか言うほどの奴なんですけれど。

 内線電話の番号をいつまでも覚えないっ!!
 1 口で言う
 2 メモを置く
 3 他の人も言う

 を繰り返しても、まだ間違える。

 で、間違ってることを伝えると、
「よく間違うんだよね~」

 人を苛立たせるために存在しているとしか思えないーっっ!!
 というか、彼に優しく接することが出来る人って、人間出来てるなーって思うよ、本当に。

 「だから、メモ渡しましたよね?」と冷ややかに伝えたんですが、「それでも間違う……」もごもごもご。

 ちくしょーっっ!!
 都会のもっと人間多いとこに、こーゆー奴は配置しておけよっ!
 地方になると、こいつしか仕事する人間いないんだから、他の人間が大迷惑なんだよーっっ!!

 こんなものは些細なことなんですけどね。
 他にも色々やらかしてるんで……ふっ……。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search