本日……じゃなかった、昨日、送別会第4回目。

 ただいま、午前4時31分。
 さきほど帰宅いたしました^^;

 いやはや。

 
ヘパリーゼZ 3粒×5袋 3個セット
ゼリア新薬工業株式会社
売り上げランキング: 10,436


 コンビニで売っていた、こんな感じのものは飲みましたが、相変わらず、酔っ払った~っていう気はしていません。
 (今まで、瓶に入ったものを飲んでいたのですが、瓶の始末が……って思っていたら、顆粒とか粒とか、そういうのも売ってるんですね!)

 家で飲んだら、普通に「あー、酔っ払った~」とか思うこともあるので(ほとんど飲まないんですけど、たまに飲む……数年に1回、2回……飲み会でしか基本飲まないので)、緊張感の違いかな……。

 でも、今回は、結構お酒を飲んでいたからか……

 1次会 → ビール×1、シークワーサー(ソーダ割り)、すてきなゆず酒(ソーダ割)
 2次会 → ビール×1(ハイネケン)、アップルジンジャー、照葉樹林、ファジーネーブル、レモンスカッシュ(ソフトドリンク)。
        後、何か飲んだような気はするけど、名前は思い出せない。
 3次会 → レモンサワー ×2
 4次会 → 鏡月の水割&ほうじ茶割(途中でめっちゃ濃いぃ~スペシャルを飲まされましたorz)×4

 カラオケもあったので、歌いましたが、声が出やすかったですね。

 まぁ、何が困ったかって言うと、4次会でママさんが、ものすごくゆで卵を出してきてくださったこと。
 殻を剝いておいてくださるので……2個も食べてしまいました……お腹もいっぱいになってたんですけど、「塩からだめ?」とか「エビも美味しいよ?」と言ってくださるので、頑張って食べましたけど……^^;

 でも、3次会、4次会は楽しかった!

 1次会の会場がめっちゃ暑くて汗が出たので(スーツだったし)、お風呂入って寝ます。
 おやすみなさい!
 うちの管理職、どうやら私を忙しくさせたいみたいなんですよね。

 ・別会社への派遣業務あり(その準備あり) → まぁ、今までもそうだよ。
 ・うちの職場でも皆が嫌がる割と忙しい部署に配属 → まぁ、今までも……。
 ・主任業務 → 経験がないわけではないし、以前の職場での主任に比べれば、仕事はないに等しい。

 管理職は、正直キャパオーバーで、仕事が回っていないのですけれども、私、実は仕事早いほうなんですよね。
 ※ 苦手な仕事、やったことがない仕事は、二の足踏むので、少し時間がかかるけど。

 文書作成にかかる時間が少ないので(タイピングが早いから)っていうのが、主な理由なんですけど。

 なので、他に時間を取られなければ、それなりに余裕が生まれるのは当然なのです。
 何をさせたいのかなーって。

 余裕がないと、苛々して毒を吐くよねって言うんだったら、余裕を持たせれば? と思うのですが、自分が何をしたいのか、過去に何を言ったのかも覚えていない様子。

 私は、職場で理不尽なことを言われたり、面白いことを言われたら、メモしてます。
 管理職は、自分が苦々しく思っている職員に対することも、私にメモしておけって言ってましたけれども、それはあなたにも適用されているということは理解できないようで。

 お客さんのことを言ったり、私に言ったこともメモしてあるんだけどねーって。

 実際、今までの通常業務に、少し増える部分もあるので、忙しくはなると思うんですけど。
 へっ! って感じがするのは、管理職に対して、かなりやさぐれた気分なんだろうな~って思ってます(苦笑。
 昨日のランチは、私が所属する部署の送別会ランチだったんですけど。

 イタリアンのお店で、大皿で来るものを、みんなで取り分けるタイプだったんですね。
 でも、同じ種類のものが、何皿か来るんじゃなくって、全部種類が違うわけです。

 そういう場合は、人数を考えて取り分けるとか、自分が食べたいものを取ったら、奥のテーブルとかに回すとか、そういうことがあっていいんじゃないかなって思うんです。

 でも、自分と自分の周囲に取り分けたら、その場にお皿を置いて知らんぷりな人。
 まだ取ってない人がいるのに、自分が食べたいからって、がっつりかなりの量を自分のお皿にに取り分ける人。

 こういうの、すっごい気になるんですよね。
 こういう人と一緒に食べたくないな~って思うんですけど、これって神経質なのかな?
 それとも、「私はそれが食べたいんだっ!」っていう気持ちでいやしいからなのかな。

 食べたいけど、食べられないならそれでも構わないし、食べれるものは食べるので、「いやしい」と思いたくないんですけど、そうなのかなぁ?? とか。

 ちょっと考えちゃいました。

 まぁ、前者はKK女史なのですけれどね。
 別の支店への派遣、4月からも続行っぽいです。

 「ぽい」のは、うちの管理職に話が通っていないから。
 私の方で、先日、「別支店への派遣はどうなるんでしょうか?」って確認したのですね。

 状況としては、別支店の方では、「是非沢口に4月からもお願いしたい」と思っている。
 うちの支店長は、なんでうちから職員出さなきゃなんねーんだよって思ってる。
 うちの管理職は、去年有無を言わさず出した経緯とか、向こうの事情、同じ市内の支店なので、利便を図ることで、今後うちに利益があることもあるっていうことを説明できない。
 別支店の管理職にも、うまく話せない。

 という風になっています。

 で、昨日が別支店の派遣業務最終日だったので、「うちの管理職は、OK出したと思ってませんよ?」と部長に伝えたところ、「えっ?」と。
 「無礼を承知で申し上げますが、うちの管理職、他人とのコミュニケーションにおいて、受信と発信、控えめに言ってもかなり問題があるので。私の方は、うちの支店長たちがOK出さないと勤務できませんので」と言わざるを得ません^^;

 で、ようやく別支店の管理職とお会いして、同じ説明を申し上げたところ、

 「えー? お願いするって言ったつもりなんだけどなー」

 とおっしゃった後、

 「まぁ、俺ら(管理職)の間でも、それ(うちの管理職の対話スキルがやばすぎる)は有名だしね。君(別支店の部長)より、彼女が言ってることはよっく理解できるよ」

 と。

 あは……あはは……^^;
 そんなに有名なんだ……と。

 ただ、今の状況では、私は宙ぶらりんだし、別支店の方はあてにしている職員が一人減るし(もう担当も決まってるらしいし)、こっちはこっちで書類が滞るだろうし……。
 まぁ、本気で困るのは私じゃないし……とは思いますが、ちゃんとやってくれよっ! っていう気分です。
 KK女史は異動しないようだ……。

 声のでかい馬鹿オヤジも異動しないようだ……。

 力ねーなっ!
 うちの管理職!!

 まぁ、「引取先がいない」ということのようですけど……。

 哀しいことは哀しいですが、自分が「引取先のいない」人と思われないように頑張ろう……。

 てか、私やNM氏のように、特に問題がなく、本人が希望している! というのではない限り、うちにはまともな人が来ていないそうな……。
 夜勤ですしね……。

 問題のある職員は、「あれは×!!」っていう噂が、どうしても流れるので、引き取り手がいないんですって……。

 そこでようやく納得。
 以前の支店長が、「沢口さんのような人をうちに入れていいものかどうかって本当に悩んだんだよね。今でも思ってる」と言った意味が。
 つまり、幸いなことに、私は「あの人を職場に入れるとやべぇーよ!」っていうタグがついていないということのようです。

 私は母が闘病中でしたし、その当時でもう1年も2年も保たないだろうなっていうのがわかっていて、札幌の実家に一分一秒でも近い場所を! ってお願いしての、現在の職場なので。

 自分に変なタグがついていないことは嬉しいけど……はぁ~あ……。

 いやいや、気にしない! で、頑張るぞっ!!
 別の視点で考えれば、「あんな酷い人たちの中で、沢口さん、頑張ってるよねっ!」って引き立て役になってくれてるってことですもんね! (最低な考え方だ……orz)
 先日の送別会のとき、

 ・ いつも気持ちのよい挨拶で嬉しいです
 ・ いつも笑顔をありがとう
 ・ 挨拶に癒されてました
 ・ 沢口さんの明るい声かけに、仕事頑張るぞっていう気持ちが湧いていて、今日絶対それを伝えようと思ったんです

 というのを言われました。
 一緒に働いている人たちではなく、日勤の方々なんですけど。

 一緒に働いてないわけなので、挨拶程度しかしてないから、それしか言われないのも仕方がないのですが、「挨拶だけかい」と思う半面、挨拶は当たり前のことなのに、それをことさら言われるって、他の人たちは……、一緒に働いているあなたたちの同僚は?
 って、ちょっと思ってしまったり。

 ちょっと前に、玄関で挨拶したら、「いつも明るくていいですねぇ」としみじ~み言われた方がいて。
 その言い方も、「えっ、何かあったんですかっ!?」って心配になるくらいだったのですが、どうやらご勇退される方だったらしく(っていうくらい、誰が誰だかわからないんですよ、日勤と夜勤って)、送別会のときにも、

 ・ 人間笑顔を忘れたらだめです。いつもその素敵な笑顔でいてください

 と言われました。

 私は、今、あんまり関わりがないので、アレなんですけど、支店長がちょっと「あれ」な人らしいんですよね。
 だから、あちこちで燻っているのもあるようなので、それもあるのかなって。

 でも、誰よりも早く職場に来て、誰よりも遅く職場にいて、ご栄転なさるTN氏に、「もう疲れ切って、はぁって思ってるときに、沢口さんに、明るく声をかけてもらって、よし、頑張るかって思えたことが、何回もあったんですよ」って言われて、それは嬉しいな~って。

 挨拶褒められるって、小学生じゃないんだから……って思っちゃう自分もいますが、誰かの力になったり、気持ちいいと思ってもらえるなら、やっぱり大事だよねって思ったりもするのです。
 昨日記事にした「飼い殺しかぁ……。」の記事ですが、あのあと、さらに驚きの事実が……^^;

 私が飼い殺しに甘んじたのは、

 1. うちの部署を嫌がる人が多いので、なり手がいない。
 2. 私が、この部署に来てから、ずっとやっていた業務であり、引き継ぎが誰もいなくなるのは困るという意見は、納得できたから。
 3. 私が残る以上、平成元年くんは、他の部署に行けるから。

 というのがありました。
 私は派遣業務の経験も長かったり、うちの職場が初めてっていうわけでもないので、他の部署の仕事も、なんとな~くはわかっています(携わっているので)。
 それを考えたら、違う部署の部長さんが熱望してくださっていたとしても(嬉しかったなぁ……)、2と3があるなら、仕方がないかと我慢したわけです。

 まぁ、今やっている仕事を降ろそうと思うほど業務繁多だったはずなのに、忙しいところに残留、更に主任という仕事を任せるという阿呆な管理職がいますが(しかも、やるのが当然っていう面で)。

 ところが! なのです。
 平成元年くんと私で、今の仕事の引き継ぎをどうするのかって話をしていたこともありますので、彼に「私残ることになりそうだよ」って言いに行ったら、「ぼくも残ることになります」って。

 「えぇーっ!?!?」ですよ。
 通りで、みよしのさんの、「えっ!? マジでっ!?」っていう驚きの声が響き渡ったはずです(私が行くちょっと前に)。

 どうやら、平成元年くんは、Aという部署に行くはずだったのですが、どうやら誰かが何かをゴネた様子で、そこにいられなくなったようです。
 Aという部署の部長さんが、彼の将来を考えて、うちの部署にって言ったのにもかかわらず。

 で、私が、Bという部署から、元々のDという部署に入ることになったので、Dに入るはずだったMI氏が、Bに入ることに。
 ちなみに、私がDに戻る要因も、MI氏と、Dの部長の意見です。

 MI氏は、サポートしてくれる元担当者が誰もいない状態でDにいるのは嫌だ! と言ったそうなのですね。
 でも、Bという部署に入れられることになって、「管理職の俺の評価は、そういうことなんだなってがっかり。もう、自分の業務に生きるよ」っていう風に、やさぐれているそうです。

 ただ、平成元年くんが、D部署に戻ることになったのなら、私は別にD部署にいる必要がないわけです。
 その上、MI氏は元担当者がいるならば、Dでいいと言っているし、Dにやりがいを持っているのですよ。

 なので、私を熱望してくださった部長さんが、MI氏と私をトレードでいいじゃんっ! って言ったのですが、管理職、駄目だよねー。
 全然話にならないよねー。

 ということで。

 人を呪わば穴二つとはわかっておりますが、管理職、異動先でフルボッコにされればいいのに……と思ってます。

 というか、仕事をする上で、「こういうビジョンを持って、こういうところに行きたい」という希望はあっても、「これはやだから、ここはいや」っていう我が儘を通してしまう管理職ってどうなのよ? って思います。

 結局、どこでも働きますよ……っていう人間は正当に評価をしてもらえず(今回の管理職は特に)、便利に使われて、辛い思いをするわけですよ。
 望まれて残るのですから、文句を言ってはいけないのだとは思うのですけれど。

 どうやら、来年度も所属部署は変わらず、のようです。
 本当は違うところに望まれて、そちらに行くはずだったのにっていうか、行く気満々だったのに……。

 管理職が平成元年くんと私と、どっちも引き抜いてシャッフルしますって言ったら、現所属部署の部長から、沢口は残してっ!! っていう強い要望があったそうです。

 っていうかさ、管理職、「君はもう中堅なんだから」って言うなら、中堅として働けるポスト与えてくれよ! って思うんですよね。
 正直、異動してきてからずっと同じ部署だし、飼い殺しですよ……。

 うまく立ち回って(笑)、本気の飼い殺しにはならないようにしたいと思いますけど。
 はぁ……。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search