別会社の仕事のシフトで、イラッとすることがあったんで、ついつい、向こうの管理職に言ってやろうかな! と思ったんですけど。
 なんか、苛立ちって言っても、主観的過ぎる部分もあるので、本当に言ってもいいのかな? とわからなくなってきました。

 自分が所属する職場では、シフトにはほぼほぼ口を挟みません。
 やれと言われれば、「はいかYesか喜んでっ!」でやります(KK女史が担当だったとしても)。
 自分の職場は、勤務時間(労働基準法で定められた時間)内ですので、無茶ぶりがあろうが、やります。

 今回は、1ヶ月以上前から、業務の関係で別会社の方には行けなくなるので、シフトを変更して欲しいとお願いしてありました。
 でも、いっかなシフト変更はなかったので、まぁ、何とかなるのかな? と思っていたのですね。

 しかし、先週、別会社に行ったら、月曜日にシフトが入っていました。
 この週はこれないって言ってたのにっ! と言ったら、「え、だって、出張火曜日からでしょ?」と言われて、かっちーんと。

 そもそも、なんで、断りもなく入れるかな? というところから、入りますしね。
 そして、別会社の業務は、厳密に言えば、労働基準法違反ですから。
 だって、自分のところの(休憩含む)8時間労働+αですからね。

 とりあえず、うちの会社の人たちにも相談をして、それは言ってもいいレベルだし、管理職からも、それは自分が統括するべき範疇でもあるから、言ってもいいよ……と言っていただけたので、明日出勤したら言って来ようと思います。

 1. 事前に断りもなくシフト変更をしないで欲しい。
  ・ 私は自分の会社でも業務があるし、業務時間外でも渉外や営業があることがある。
  ・ また、今回は、1ヶ月以上も前にシフトの変更を理由と共に言ってあった。
 2. これまでにも、シフト連絡が来ないことがあった。
  ・ 長期にシフトが入らない後に、次に入るときの連絡が来ない。
  ・ 営業時間の変更の連絡がない。
  ・ 不確定要素があるとき(やるかやらないかわからない)の連絡が不十分である。
 3. 言っても改善されない。
  ・ 上記のことは以前やられたときにも、強く担当者に言っている。

 ということを言おうと思ってます。
 でも、未だにちょっと迷ってる自分もいます。
 これって、そういうもんだと受け流すべきことなのかしら? と。
 来週の火曜日から、旅行に行くので、今準備の真っ最中です。

 とはいえ、半分業務なんですけどね。
 でも、USJとディズニーシーも行ってきますよ~♪♪

 今、一応色々荷物を詰めたら、「あら? 意外といっぱいいっぱい??」 ということで、予備の服を辞めるかどうか考え中です。

 USJは、初めてなのです。
 チケット買うのすら、「うーんうーん??」ってなって、不安だったので、一緒に行く人と一緒にスマホを付き合わせて、「これでOK? これでOK? よしっ!」ってやったくらい(笑。

 ガイドブックを見ると、ミニオンのポップコーンケースが可愛いっw と思うのですが、それを持って、ディズニーシーに行って、キャラメルポップコーンをください……と言ったら、怒られるだろうなぁ……とか。

 フライングダイナソー確約のエクスプレスパスを頼むということだったので、私も一緒に。
 ハリポタと、フライングダイナソーが楽しみですw

 まぁ、一つ問題があるとすれば、業務の方で、一緒に行くことになっているMY氏が、お父様がご危篤ということで、どうなるのか……というところ。
 ご本人、ご長男なんですが、残念なことになられても、行けるなら行くっ! って言い張っているので、逆に残されている方はピンチヒッターをどうしようか? っていうところで迷っているという……。
 うちの職場のポット、「90度」と「98度」で選べるんですよねー。
 で、私はなるべく「98度」にしたいタイプ。

 省エネとか色々考えると、「90度」の方がいいみたいですけど。

 でも、職場には猫舌の人もいるので、いつの間にか温度が「90度」に下げられています。
 うーん……と。

 まぁ、98度にしたからって、ごっきゅごっきゅ飲むわけじゃないので、ふーふーして冷まして飲むんですけどさ。
 低い温度が好みの人は、微調整できるじゃん?

 熱いの好みの人に合わせて欲しいな~とか。
 特にやってる(とおぼしき)人、よっぽどじゃない限り、お水足して沸かし直したりしてくんないから。
 これも、猫舌の人からしたら、なんで熱くしてんだよー。
 水足すにしたって、上手く調整できないじゃんっ! 面倒じゃんっ! って思うんだろうなので、難しいんですけどね。

 部屋の暑い、寒いも、暑いはもう調整しようがないから、寒い人が少し上着を着るなどして、少し温度調整して……ってならんもんかね? と思って、提案したりもするんですけど。
 寒いと思ってる人たちの、「寒い」の感じ方が、恐らく私が思う以上なのか、ものすごい「なんて非常識なこと言うんだ、こいつ」という表情で見られます(苦笑。
 ただ、私が暑いって思う分には我慢してますよ。
 お客さんたちの意見だから提案してるわけで^^;
 ついでに、私が寒いときも我慢してます(苦笑。

 あまりにも、意見が割れるときには、「インフルエンザなどもありますので、1分間喚起っ!!」と窓全開にすることもありましたなー。

 というところなんかも、難しいもんだな~と思ってます。
 先日、13日の金曜日でLANが全滅していたため、処理できていない分の仕事がありまして。
 その部分を処理するために、書類を自分の手元に持ってきたところ、「俺が正しいと思うことが世の中の正義」のFJ氏もその書類を使いたいということが察せられたのです。

 なので、すみません、持ってきてますーっ、お先にどうぞ……って渡したのですが。

 FJ氏は、自分が終わったら、書類を元の棚に戻してしまったのです。

 あのさ、あなたも業務でそれを使っているのだから、先に使っていただくのは別にいい。
 ただ、その書類の管理責任者は私で、私の方が幅広く使うわけですよ。
 しかも、今回は、LANが全滅したという特殊状況で、皆がその書類を使うことは想像に難くないはずです。
 その上、私が自分で持ってきていたわけですよ、使うのを先に渡してくれたんだろうなって思わないかな?

 私だったら、自分を優先してくれたとわからなかったとしても、「戻してもいいですか? 使いますか?」は訊くよ、と。
 まぁ、自分が正しいんだろうから、私が言うことは、「そんなのわからないし」で済ませちゃうんですかねー。

 HAHAHA! って感じ。
 ただ、まぁ、誰もが自分と同じように感じるわけじゃないし、今回のことは、そんなに怒ることじゃないし。
 こういう考え方の違いを、話し合って行くとか、理解し合うとか、スルーするっていうことで、人間社会って上手く回って行くもんなんですかねー。
 と、狭量な、自分が正しいと感じている正論信者が身近にいると、少し考え方が柔軟になるかもな、と、後ろ向きなんだか前向きなんだかな方向で考えてます(苦笑。
 うちの職場、金曜日は警戒日です。

 何でかって言うと、何故か金曜日にトラブルが発生するから(苦笑。
 3週間連続で金曜日にビックトラブルっ! っていうことがあったりして(笑。

 まぁ、乗り切れないもんじゃないから、全然いいんですけど。

 さて、昨日の13日の金曜日ですが。
 職場のLANが全滅しました(泣笑。

 仕事の資料が出せねーよーっっ!! って感じ。
 まぁ、私はある程度はバックアップを取ってあるし、前日に準備をしているものもあったので、まぁ、なんとか。

 他の仕事をしてればいいや~ってことでしたけど。

 結局のところ、中心となるハブがイカれたようで。
 別の階は何とかOKだったんですけど、私たちがいる部分はLAN全滅だったようです。

 月曜日には復旧してるといいなーって感じでしょうか。

 あ、私ですか?
 まぁ、月曜日までくらいならダメでも何とかなるかなーって感じです。
 ただ、プリンターで印刷も出来ないから、それ以上長引くと困るな~って感じかな。
 うちのFJ氏。
 理屈屋さんなんですよね。

 でも、言い方を間違ってるタイプ。

 何だろう、腹が立ってると、まくし立てて、相手の反論を「こっちの方が正しいでしょ? ぼくが言ってること正しいですよね?」と一つひとつ高圧的に潰していくタイプなんですよね~。

 そんな私は先日、

 MY氏「今度の会議で、これこれこーゆー風に言うようにって言われたさー」

 って言うので、

 私 「あー、台本があるんですねー」

 って答えたわけですよ。

 それがFJ氏の勘にいたく障ったようで。

 「あなたいくつなんですか? あなたは新採用なの? ぼくたちが1時間かけて話し合った内容に対して、あなたは馬鹿にしてるのかっ! MY氏は、ああいう人だから、まだ、またしょうもないこと言ってんなーって思うけど、あなたの言い方は何?」
 というようなことを言われました。

 まぁ不快にさせたことは事実なので、謝りましたけれども。
 でもさ。
 1時間かけて話し合ってたのが、その内容かっていうのは私にはわからないし(察しろよっていうこと?)、別にその内容を馬鹿にする意図はない(でも、これはそう取られるんだったら、悪かったので謝るのは吝かではない)。
 ましてや、あなたが気に障ったことに対して、「お前、この仕事何年やってんだよ」っていうのは論点が違う。

 ということで、本来こういった噛みつき方をされると、自分の非を振り返って、反芻して、すっごく嫌な気持ちになって落ち込むタイプなんですが、尊敬できない人に言われたからなのか、言ってることがズレてる部分もあるからなのか、私が清々しいまでに気にしてません^^;

 という段階からの。
 先日会議があったんですが、それに対しても、彼はいたくご立腹の様子。
 彼が所属する部署が取り仕切る会議だったんですけれど。

 1. ぼくたちは来て間がない。
 2. 長くいる人たちは、今までの経験則で話をしている。
 3. でも、ぼくたちはその経験則という武器はない。
 4. ぼくたちの知らない(持ってない)武器をもって、ぼくたちが提案する原案を潰すのは間違っている。

 ということを、みよしのさんにとうとうと語っておりました。

 でもね……と。

 1. 知らなきゃ聞けよ。
 2. そもそも、君が言ってる事案は、きちんとしたルールがあるもので、明文化している(明文化してるのは、君の部署)
 3. 何で事が起こってから、それを言う(事前に、その明文化したルールを見ていれば、穴があると気づけたはずだ)

 っていう反論も可能なのですよ。
 正直、自分たちがコトの始まりを、「経験則で」っていうことでなぁなぁにしていて、問題が起こったから、そのルールを参照してみたら、そのルールに穴があると感じた(それぞれで解釈が違う)。
 でも、それなら、ぼくたちが言っていることに従うべきだ。

 って、おかしくないですかね?

 みよしのさんは、「ぼくもリベラルなので、言っていることはわかりますが、郷に入っては郷に従えって言葉もありますよね」と言うので、「みよしのさんのは、新しいことをやりたいから根回しをきちんとしよう、保守派に負けるかもしれないけどやってみようというリベラルですが、FJ氏のは自分が正しいこと言ってるんだからそうあるべきだという、革命家ですよ」って言ったら、平成元年くんが「過激派では……?」と呟いたり、みよしのさんがすっげー納得したり(笑。

 そもそもが、正論(正しいことを言っているから)を言っているなら、何をやっても許されるわけでもない。
 そういう世の中なんですから、自分が正しいんだから、何をやっても許されるなんて、到底あるもんじゃないっていうことを、40歳を超えても理解してないというか、感じられない幸せな人なんでしょうね……ということで、先日の深夜会議は終了しました。

 何だろう。
 頭がいい人だし、弁もたつのに、なんで腹が立ったときにしか議論をぶちかまさないんだろう。
 腹が立ってないときは、どうでもいいってなーなーにしてるから、そういう風になってるのに。
 めんどくさい人だ……。
 今、面倒くさい案件を抱えています……管理職が。

 クレーム対応なんですけどね。
 その電話が長いのですよ。
 1回目 → Aさん宛 3時間
 2回目 → 管理職宛 3時間45分
 3回目 → 管理職宛 2時間半

 っていうくらいの電話になるわけですよ。
 まぁ、事情がわかっているので、「お前んトコが悪いんじゃんよー」ってなるんですけど、客商売なので、その発言はNGで。

 ただ、本来の担当であるTH氏も管理職も、もらい事故なんですよね。

 しかも、2回目、3回目の電話に関しては、ND女史が事情もわからないのに余計なことを言って、一度TH氏とAさんが何とか言いくるめたのを再燃させたっていうのがあるので。
 (Aさんの言い方が高圧的だったというのは、否めませんが)

 で、3回目の電話が終わった後、うちの職場、拍手が起こりまして(ノリノリ)。
 そこに一生懸命拍手をしながら、ND女史が、「管理職、さすがねー。うまいわねー」って言ってるんですけど。


 あんたのせーだよ!!

 っていうね。
 こう、モヤモヤ~って言うのがあるんですよ。

 がんばれ、管理職! としか、言い様がない(苦笑。
 今週は、月曜日から、「出勤したっ!」「退勤時間が過ぎてるっ!」っていう、間がほぼないっていう状況になってます。
 何だろう。
 べらぼうに忙しいわけではないのですが。

 なんて言うのか、打ち合わせがあって、内容のすりあわせをしたり、それを整理したり。
 本来の業務をこなしたり、その後また別の打ち合わせがあって~と。

 途切れなく予定が入っているっていうところなのかなぁ……とか。

 何かを達成したっ!
 これが終わったっ!

 っていうのがないままに、予定に追いまくられているっていうのもあるのかもしれませんが。
 まぁ、そういうのが続くわけではないので、一区切りを狙って……ですけどね。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search