先日、何かをやって、

 「あれ? そういえば、私、ゴミ箱どうしたっけ?」

 と。
 元々は、ゴミを捨てるために席を立ったのです。

 うちの職場は、職員それぞれがゴミ箱をデスク傍に置いていて、終業時や、ゴミ箱がいっぱいになったら、固定の大きなゴミ箱に捨てるようになってます。

 で、固定のゴミ箱にゴミを捨てて。
 用事を頼まれて、ちょこっとそれをどっかに置いたまでは覚えてる。
 でも、どこに置いたかわからない。

 ちょろちょろと探し、「あ、あったあった!!」と、給湯室のところで発見。
 それを見て、聞いていたKたんが、

 「沢口さん、お疲れですか? 大丈夫ですか?」

 って、心配して聞いてくれたんだけど。

 「うん、まぁ、疲れてることにしたいけど、この程度はデフォルトかな」

 って答えるしかない自分もいました(苦笑。

 Kたんは、

 「デフォルトと返ってくるとは思わなかったっす……(笑」

 笑ってました。

 でも、私にとっては、10代、20代くらいからこんなの当然で。
 むしろ、「あぁ、ここに置いたら忘れるよな」と思ったときは、完璧に忘れるし、思い切り掃除したり、整理整頓したあとは、「あれ? あったはずだけどなぁ……勢い余って捨てたかな?」と思って、またその波が来たときに、「あっ! ここにあったーっ! 買っちゃったよ」とかいうことになるわけですよ。

 トホホ。
 ちなみに、「債務不履行」の方ではないですよ、「初期値」ね、元々持って生まれたものです!
 お客様が、バス待ちということでしたので、何となくお付き合いしていたところ、突然、「あー、何もやる気が起きない。人生もういいって気分」っていう話をし出しまして。

 「え? でも、彼女も出来たんだし、楽しくないんですか?」

 と言ったところ、

 「いや、彼女が出来たことと、人生充実してるっていうのは別物でしょう」

 と返ってきました。
 そうなのか?

 いや、別に、「彼女」「彼氏」がいないと充実してないっていうわけではないというのはわかるんですよ。
 でも、いても(しかも、出来たばかり)、楽しくないの?

 自分がその彼女の立場だったら、やるせないんですけど^^;

 「でも、巷では、彼女(彼氏)がいることをリア充とか言うじゃないですか」と言ってみたら、

 「リアルが充実してるから、リア充なの! 充実してなかったら違うでしょ」と真っ当なことを言ってました。

 趣味がない、何をしたらいいかわからない。
 何もしたいことがない。

 というのですよね。
 まだ彼が偉いのは、私に対して、「どうしたらいい?」と言って来ないことですが。

 「趣味って何?」

 と、禅問答ちっくな質問がきましたよ。
 趣味なぁ……と。
 趣味って、自分が好きなものが高じて、それをやってたら楽しい。
 それをやることで、時間が充実する。
 それだけやってられたら嬉しい。

 なんですかね?

 そうなると、彼は、時間があればPCでもやってたり、ゲームをやってたりはするけど、今はそれもないと。
 要するに仕事が忙しいらしいのですね。

 あぁ、ってことは、仕事が忙しい=何かに没頭する時間がない=だから趣味がない(ように感じる)

 なんですかね??

 私の趣味は、読書、映画鑑賞、音楽鑑賞、PCたまに物作り、文章書き、ゲームですかね。

 まぁ、うちの父もそうですけど、趣味って他人に与えられるものではありませんが、自分で何をしたいのかがわからないっていうときには、誰かに引っ張り込まれるのもいいのかもしれませんね。

 彼女さん、がんばれ~!!
 去年、別支店への応援を頼まれました。

 お手当は出るけど、完全に労働基準法違反。
 だって、普通に自分のところで8時間(以上)労働してるのに、更に勤務しろって言って、代休も、休憩ももらえないんだもん。

 そのときは、

 ・ 君の腕試しだ
 ・ あそこでやれれば、君の評価に繋がる
 ・ 困ってるときはお互い様だよ

 って言って、無理矢理行かされたようなものです。
 正直、「あそこでやれれば、君の能力の証明にもなるしね」って言われたときは、私のこと舐めてんのか? と思ったんですけど。

 幸い、別支店で組んでるメイン担当者より実績も上げてますし?
 幸い、お客さんとの関係もいいですし?

 ということで、別支店の管理職からは、今年もまた来てくんないかなー? というオファーをいただきました。
 正直、疲れるし、しんどいし、向こうのシフト担当者ムカツクしっていうのもあるんですけど、「使い物になんねーわ」っていらないって言われるよりはありがたいかなっていうのもあるわけで。

 で、問題はうちの支店長たちなんですよ。
 去年、うちの支店長変わったっていうのもあるんですけど、

 ・ 別支店が他に応援出してるから人足りなくなってんでしょ?
 ・ 何でうちから出すの?

 っていうことで、なんか向こうの支店と話すみたいなんですよ。
 それはいいんだけどさ。

 元々その状況はわかってたんでしょ?
 去年はそこ突っ込まなかったんでしょ?
 しかも、向こうだって、それをやりたくてやってるわけじゃなくて、本社の方針でやらざるを得ないんだよね?
 去年私になんて言ったの?

 って思うんですよね。
 確かに、4月から、自分の会社での私の負担は増量されそうです。
 されそうだけど、まぁ、死んじまうー! っていう負担ではない……と思う……たぶん。

 きちんと真っ当な筋の通った話ならいいんですけど、あのさぁ……って感じです。

 特に、意志疎通、伝達に激しく問題のある管理職なので^^;
 正直、私からしたら、「あんた(たち)、何したいの?」って感じ。

 当てにしてる向こうからしたら、「はぁ?」って話だし、困るだろうし。
 振り回される私も、「はぁ?」ですよ。
 というのは、もちろん私のことではなくて。

 KK女史のことです。

 先日、4月からの部署の配置について、内々に打診っつーか、ほぼ雑談的な話があったんですけど。
 管理職が名前を挙げた部署は、KK女史が望んで望んで行っているんですよね。

 なので、基本的には、私は行けと言われれば、どこでも行って、勉強して頑張るつもりはあります(っていうスタイルだから、多くの方が嫌がって、入らない部署に、赴任以来ずっといるわけですけど。そんな感じだから、私と似たような考え方の人と、赴任したての人しかいないんだなぁ、うちの部署)。
 がっ!

 盗難の濡れ衣を着せたりするようなKK女史とは、根本的に馬が合いませんので、ストレスです。と、ぶっちゃけはっちゃけトークをしたわけです。
 まぁ、KK女史については、管理職も愚痴っているので、お互い様?

 したら、「それは、あり得ない! ……万が一あったら、今の部署ね」と言われたのです。
 それに対するお返事としては、「まぁ、ストレスを感じるというのは、非常に個人的な我が儘なので、行けと言われたら、頑張りますし、残れと言われても頑張ります」とお答えしたんですけど。

 え、異動っ!? (きゃるんっ♪)
 え、KK女史、異動っ!?(やっふーっ!!)

 って、ちょっと嬉しくなってる自分もいます。

 何故かと言うと、個人的に嫌いなだけではなく、今後私が対応しているお客様への対応に、KK女史が入ってくるのですね。
 彼女の接客は、めちゃくちゃ下手です。
 何しろ、私に「あの人日本語教えてやってくんない?」と、他のお客さんが言ってくるほど。
 お客さんと接するときの、規律はぐだぐだ、内容は好き勝手。

 それじゃねー。

 ご本人は、早く札幌にっ! とおっしゃっているので、そちらの希望を叶える形でいいので、異動してぇ~ん♪ と思っている自分がいます。

 もっとも、まだまだその結果はわからないんですけどね。
 みよしのさんも、異動なんじゃないっすか? そんな風に断言するってことはと言ってるんですけどね。

 希望を持ちつつ、ぬか喜びはしないっ! ということで。
 単純に部署を変えるだけかもしれないですからね……。
 もう過ぎちゃったけど。
 バレンタインは、

 義務チョコ → 父
 お歳暮チョコ → 職場の人
 営業チョコ → お客さん

 で、最近は占められています。

 昔むかしはエビでタイを釣った時代もありましたが、今は、お返しは気にしないでくださいねっ! ということで、どーんと、

 「いつもお世話になってますっ! 早い者勝ち! 好きなだけっ!」

 って書いて、職場の共有スペースに置いてます。

 で営業チョコ。
 自分が所属している会社のお客さんで、直で担当している方々は、手作りプラスα。
 担当に加えていただいている方には、手作り。
 後、手作りを要求して来られる担当外のお客さんにも、まぁ……。
 てなって感じなんですけど。

 今、別の支社にも行ってるんだよなぁ……と。
 でも、バレンタイン当日じゃないし……うーん……と思っていたのですが、まぁ、この値段なら妥当かなっていうものがあったので、そちらを購入しました。

 で、「一日遅れになってしまったのですが、バレンタイン限定という商品を見つけてしまったので、どぞー!!」って言ったら、ものすごく喜んでいただきまして。
 しかも、男性も女性もいらっしゃるのに、2名の方が別の場所で、「え、バレンタインだったら、男性限定ですよねっ!?」と。

 「いえいえ、わたくし、男性と女性を区別しておりますので、もちろん女性メインですよ!」って言ってみたんですが。
 でも、本当に一口ぱくり! 程度のもので、あんだけ喜んでいただけたら、営業チョコも張り合いがありますですよ。

 しかも、お一人は、「イベントのたんびに、こんなに買って。お財布大丈夫ですか?」と(苦笑。
 確かに打撃は加わっておりますが、ちゃんと相談して買っておりますよ(笑。

 むしろ、お財布よりも、胸が痛みました(苦笑い。

 私的に面白いと思ったのは、「最近、女性ばっかりチョコもらえる機会が多くてずるいっ!」って言っていた男性がいたこと。
 でもさぁ、友チョコとか女子チョコとか、義理チョコ、本命チョコ、女性は女性で大変だと思うよ~って思いますけどね。

 そういえば、今年のバレンタインは、いつになく穏やか(淋しい)でしたね。
 2名からいただきました。

 女性の少ない職場ですしね~。
 先日、久しぶりにイオンに行ったので、Fanclのショップにも寄ってきました。

 メイクを始めたときから、デパートの資生堂だったんですけど、別の勤務地にいたときに、化粧品が軒並み合わなくて、化粧水、乳液は最近Fanclなのです。

 で、最近アイシャドウは、Fanclの限定品のグリーン系を使っていたのですが、ちょっと違う色も試したいなって思いまして。
 買ったわけなのですよ。

 そうしたら、「アイカラーブラシ」とか「アイカラーチップ」がついてないのです。
 別売りなのですって。

 ケースと、アイカラーを個別で購入したんですよ。
 つまり、新しいものが必要だっていうのはわかると思うんです。
 ケースの中には、「個別」で買った人用の仕切りがないので、入れておきますねって言ってくれたんですから。

 折角新しいのを買ったのに、新しいものを使えない……って残念。
 100均とかでも売ってますが、下手なものを使うと、瞼が荒れそうなので、もう一度Fanclに行くか……ネットで買うか、コスメドラッグみたいなので買うか。

 イオンの方、車が混んでるから行きたくないんだよな~とか思いながら、悩んでます。
 そういえば、うちの職場、ブースに入るところすぐに日めくりがぶら下がってます。

 誰もめくらないので、とりあえず、私がめくることが多いのですけれど。
 インフルで休んでから、出勤したら、私が休んだ日のままになってましたよ^^;

 誰もが目に入る場所にかかってるはずなのに。
 一週間、目に入ったけど、面倒だからめくらなかった。目に入る場所にあるけど、気付かなかった。
 のどちらかだと思うんですよね。

 接客を生業とする我々、それもどうよ……って思わずにはいられませんでした^^;

 というのをネタにしようと思いつつ、ずっと記事にするのを忘れてました。
 金曜日の夜、いつもの面子(平成元年くん、みよしのさん)と、マックで雑談して返りました。

 この日、みよしのさんは、怒りで涙が出そうなほど同僚に腹が立っていたということもあって。
 その話を、帰宅前に管理職にしていたんですけど、管理職の答えもトンチンカンで。

 みよしのさんの言いたいこと

 1. 職場の部署同士の問題点をお互いに指摘することは、改善のために大切なことだ
 2. こういうことを実施したら、お客さんにとって良いことに繋がるはずだ
 3. 車内の運営でよろしくない部分、「やりたいからやる、やりたくないからやらない」というのはあり得ないので、そういうことが出ないような運営を頑張ろう

 ということなんですが、それをみよしのさんにとっては、うちの職場での師匠筋に当たるような人に「無駄無駄」と切り捨てられてしまったのだそうです。

 しかも、「3」に関しては、声のでかいおっさん(私の前にいる駄目オヤジ)と、私のものすごぉ~く仲の良いKK女史(口は曲がってるよ、佳音さん)が該当するのです。
 でも、みよしのさんとKK女史は同じ部署なので、オブラートに包んで包んで話していたそうなんですが、彼は、「はっきり、KKとTNって言えばいいだろう」と、KK女史ご本人の前で言い放ったそうです。

 みよしのさんとしては、あくまで「反省点と改善点」を述べたいのであって、個人攻撃や、批判をしたいわけではない。
 しかも、自分たちが働きやすいように、お客さんの利益になるようにっていうことを言っているのに、「無駄」というならば、何なんだ!? っていうことだったのです。

 その訴えを聞いていた管理職が、「1に関しては、自分が会議のときに、何か意見はって聞けばいいんだろう」って言うんです。
 それは、違うでしょう? って。
 みよしのさんが言っているのは、そういうことじゃないよね?
 私たちが何か改善点を述べるのに、いちぃーち管理職に言って、管理職がいちぃーち手を回すのかって話。
 しかも、管理職が変わったら(私たちは転勤族なので)、それが行われない可能性もあるし、うやむやになる可能性もある。
 それじゃ意味ねぇーだろって。

 そんな話をマックでしていたわけですが、みよしのさん、曰く。

 「大丈夫です。僕は沢口さんと元年くんがわかってくれてると思って話してましたから。それを言ったら、先日の沢口さんだって相当可哀想でしたよね」という話に^^;

 「だって、自分がまだやったことのない仕事なので、ミスがないようにきちんと下準備をしたいって聞いているのに、「そんなの当たり前だろう」って怒られるんですよ? 元年くんは不幸にもその仕事を何回もやってるから、その点で怒られるならともかく、沢口さん、やったことがないって言って、ちゃんと色々こういう場合ってパターンを分けて質問してるのに怒られるって理不尽ですよね?」

 と。
 うん、まぁね……。
 そうなんだよね。
 で、結局知りたいことを知れずに、他の人に聞かなきゃならないっていうことだったしね。

 でも、すっごく不思議なのが。
 たとえば、みよしのさんと管理職が話をしていて、みよしのさんの話が管理職に伝わらないのも、管理職の話が伝わりにくいのも、通訳して、ちゃんとお互いの意思疎通が出来るように話ができるのに、なんで私が自分で話すと、みよしのさんと同じように話が通じないのかが何でだろうって^^;

 ということで、「お互い可哀想」っていう話に終わりました(苦笑。
Attention!

 記事に関係のないコメントやTB、こちらに挨拶コメントまたそちらの記事内に当blogへのリンクのないTBに関しては、管理人の判断によって削除させていただくことがありますので、ご容赦くださいませ。

Counter
Calender
Annex

 こちらもよろしくお願いします。
樟乃坂語り物匣 Tale of Kuzuha
 長編ファンタジーなど、樟葉オリジナルの小説を掲載しています。
月の庭に天使の卵
 天然石やオラクルカードなどスピリチュアル系の日記になります。
 そういうの嫌いな人でも大丈夫とは思いますが、ご訪問の際はご注意ください。

Mail to Kuzuha
おさるの郵便屋さん

名前:
メール:
件名:
本文:

blogを始めて

About Kuzuha

樟葉

Author:樟葉
名前をClickしていただくと、自己紹介ページに飛びます。

My Darling
Search